【よんどめの!ACLたびにっき。】広州恒大とたたかえACL準決勝!試合&試合後編。

⇒試合前編からの続き。






はいキックオフーーーーー!!!

ちなみに試合中の写真はありません!
もう始まったらそれどころじゃないからね。。

試合の感想…っていうのもなんかこう、そんな悠長な表現は出来そうもなく。
始まってからはとにかく気分が高揚しまくっていて、
まぁそこだけ聞くとポジティブだけど、
言ってしまえば、たくさん点を取らないといけない、って、
応援しながらどこかでものすごく焦っていて。

天河体育中心体育場は見渡す限り真っ赤で、広州の選手がボール持つたびにすごい雰囲気。
で、雰囲気もすごいけど実際プレーもものすごくて、圧倒されそうになる。
ああ、そうだ、ここはアウェイなんだ。これがアウェイなんだ。
心がびびってつい、下を向きそうになる。

自分が強気に描いてきた通りに進まない試合、「4点返すためのまず1点」がなかなか取れない、
その焦りが膨らんで、ちょっとずつ気持ちが重くざわざわしていく。

うう…こんな中で失点せず、ここから点を取らないといけないなんて………

いや!理屈じゃないんだよ。

4点だろうが100点だろうが返せるって思わなきゃこんなとこに来てねーんだ!
応援しに来てんだよ!!


ってずっと、もう怖いことはあんまり考えないようにして、
ずっと跳ねて声を出してました。


そんな中。


16分。無慈悲にも、目の前で広州の先制点が決まる。
わたしの焦りなんか知ったこっちゃねぇって感じで。本当にあっけなく。

まだたった1点のゴールだし、ここまできたら4点取んなきゃも5点取んなきゃも
大して変わらない気がするのに、
このときは心にのしかかってくるものがはんぱなかった。
スタジアム中を包む広州サポの歓声の中で、わたしはなんでだか目に涙がたまってきてしょうがなくて。
ずっと、鼻すすって我慢してた。

いつも、ひどい失点したりしたって、へこんだりがっくりきたりはするけど、
わたし泣いたりなんてめったにしないのにさ。
人が泣くようなシーンではほとんど泣かないひねくれものなのに。

なんでか、このときは気を抜いたら泣きそうで。悲しいとも悔しいともなんか違って。
ほんと、なんでだか。


そして先制されたまま前半が終わり、後半が始まり。
依然として掴めないペースの中、点を取らなきゃいけない現実ばかりがのしかかってくる。


…後半は、もっとあっけなかったなぁとも思う。

目の前で、一戦めと同じにどんどん重なってく失点。
でも、足がどんどん止まってく、そんなレイソルの選手たちを見て、
走れ、なにやってんだ、なんて、とてもじゃないけどそんな言葉出てこなかった。

ただ、がんばれ、がんばれってそれだけあほのように連呼してた。
みんながんばってるのにね。

なんかもう後半は細かいことはあんま憶えてません。
でも最後まで、まぁちっぽけですが、自分のありったけの気力を振り絞って、跳ねて歌っていました。


そして、長い、試合終了の笛。


アウェイの広州で、4-0の完敗。準決勝敗退。

レイソルとわたしたちの、2013年のACLの遥かなる旅は、ここで終わりを告げたのでした。


このとき、目の前にあったのは、ただひたすらにおっきいおっきい壁。
同じアジアのチームに対して感じた、このときのわたしからは向こうが見えない、高い壁。

お金だとか、選手だとか、そういう現実的な要因の意味での壁、ってことだけではなくって、
自分がその場で、本気で突破したいと願って応援していたうえでのしかかってきた、
まだうまく言葉にはできないけれど、もっと感覚的な意味での「おおきな壁」。

この試合に勝てなかったことで、わたしはその壁を自分の中に刻み込むことになったのです。

でも、
だからこそ。

わたしたちレイソルがここから立ち向かうべきもの、どんなに高くても絶対に越えるべき壁。
その存在の片鱗を、この手でつかんだような。この目でしっかり捉えたような。そんな気が同時にしたのです。

どんなに大敗しても、アジアのてっぺんを取るぞという、この気持ちに嘘がないならば。
広いアジアの向こうにある、さらに広い広い、大きな世界に挑みたいのならば。

そのためには必ず超えるべきものが、このときの天河体育中心体育場に、たしかにあった。
わたしは、そう思いました。


---------------------------------------------


…というわけで、試合後。

選手を見送り、ひと段落したので、席でぼーっと水分補給します。


はー。


いやぁ…



燃え尽きたなぁ…。




はは…やっぱりまだ公安のみなさんがいっぱいいるわ…

あー…中国のスタジアムの風物詩だね…


…って全然力こもってないけど燃え尽きてるんだからほっといてよね!グスン!

(※スタジアムの外にまだ出ていいと言われていないので、レイサポはゴール裏待機中です。)


はー…


それにしても燃えつきすぎた…


なんかこう早く、試合総括しながらみんなでお酒飲みたいなぁって感じだよ…

早く、明るく切り替えた…




…バチッ



…んお?!


なになに?!


あれ、バクスタとゴール裏の…電気消えた?



メインはまだ…



…バチッ!




わーメインも消えたーー…


ってコラァァァアアアアァァァ!!!!!

なんで人いるのに電気消すの!!!!


なして!

なしてなの!



暗いよ!

こわいよ!

なにす…





………………シャーー………………





え…えええええ……


今度はなに…



って


スプリンクラーで水撒き始まってる…!?

(なんか平然とスタジアム完全に閉めるモードに入ってますけど、
広州のみなさん…あたしたちいるの見えてる…?!)



っていうかさ、この写真もさ、



…なんでこんな幻想的なんだよ!

(※床をドンドン叩きながら)


そんなこんなひとりで騒いでいたのですが、こからもうちょい時間がたってやっと、
外に出れましたとさ。


…ふぅ。長かったぜ…!



…どうでもいいけど外も暗いね!


ちなみにバスに乗り込んだところ、案の定、
いい感じにレイサポのバスは広州サポさんにお出迎えされてまして、

まぁお出迎えっつってもうちら潔く敗退してますので別に何もされませんので、
負けた負けたーつって通りから笑顔で冷やかされるレベルなんですけど、
この…なんつーの、冷やかされるのがなんつーかまぁ、悔しいよねーー!

これ、こいつら落ち込んでるんだろうなざまあみろ〜みたいに思われてるんだろうな…
ち、ちくしょううう…!

と思ったらなんだかとても好戦的な気持ちになったので、
バスの窓から目が合った、おしゃれな感じの広州のサポの女の子に向けてしっかり中指を立て…たりなんてするわけないでしょうっつーの何言ってるんだっつーの。
わたくしお育ちいいんですからそんなことしませんから。

むしろ、


鼻水がたれてきそうなほどの満面の笑顔で、

ひたすら手を振ってみました!





(※イメージです)


「えー、なにあのひと、負けたのにへらへら笑っててバカじゃないの…」
…って感じで失笑でもされるかなと思って。もう逆にそのくらいでいいわ!と。

うちら落ち込んでねーし!落ち込んでるけど一切落ち込んでねーし!
もうね、敗退なんて全然こたえてませんから!と!(超こたえてるけど)
レイサポの不機嫌で落ち込んでる顔見たいんだろうけど、そうはさせるかっつーの。
スケール小さい感じに、平和的に裏をかいてやろうというわけですよ!フハハ!

そしたら、その女の子は、そんなアホのような笑顔でバスの中から手を振るわたしをみて、
えっ!て顔をして、
なにあれー、って、失笑する…

…かと思いきや。

笑顔でちょっと恥ずかしそうに、でもめいっぱい、手を振りかえしてくれたのでした。


…ええぇぇ、どうしよう…すごいいい子だった…!


しかもさらに、ちょっとはにかみながらその子は、隣にいた友達にも、ねぇねぇ、って呼びかけてくれて、
最後は女子3人くらいで、ちょっとバスを追いかけめに、曲がり角で見えなくなるまで、
笑顔でずっと手を振っててくれたのです。


………


うわあああぁぁんなにこれどうしようー!!

斜め上を行く素直ないい子たちだったよーー!!



(わたしの心ときたらうす汚れててほんとすいませんでしたーーーー!)
(ってまた中国きて女子に感動しているわたし…!)


なんか、ACL遠征来るといつも、こうして自分が見たことない、
いろんな世界に出会ってる気がするのですよ。
なんだよなんだよ。ACL大好きだ!アジア大好きだよー!!

あのときのサポの女の子、ありがとう。
大敗して帰る道だったけど、すこしほっこりできたのはあなたたちのおかげです。
ほんとうに!



さてさてその後バスは予定していた広場に到着し、スタジアムツアーは解散したので、
おりゃあと飲みに繰り出します!
もう、飲まなきゃやってられるかってんだよー!!

(すっかりいつものわたしのテンションになって来ちゃってるっつーんだよー!!)



はいはいはいビールビール!ピージョウ!ですよ!
もうありったけの酒をじゃんじゃんもってこいっつーのねー!!
どうでもいいけどこのビールも瓶がかっこよいね。


あ、ちなみに、このお店なんですけどー、
店の中はどんな感じかというと…

こんな感じです。


はい、ただのアウェイでした!!!!
(ドドン)

もうね、気にしてられませんっつーの。
まぁいるひとみんな一心不乱にご飯食べてたので全然干渉とかはないですが、
まぁうちら以外全員広州サポだったということで理解してください。

とりあえず、黄色が浮いてたのか、よく目は合いました。
(コラコラ、恋すんなよ!=☆)


そしてみんなで卓を囲みながら、いろんな思いを馳せました。ACLに。

やっぱここで簡単に4点返せるほどサッカーは甘くないですね、とか。
でもやっぱり優勝してモロッコ行きたかったよね、とか。
試合前のクドーちゃんのコメントは誰よりも強気で頼もしかったなぁ、とか。
店員がさっき頼んだあんかけ焼きそばも空芯菜もないって言い出してるんですけどどうしましょうやっぱチャーハンにしますか、とか。

(一部ACL関係なかったです失礼いたしました)


…ホント素敵な大会があったもんだよこんちくしょうめ!(号泣)



これが料理です。めっちゃおいしかった普通にー!
飲むわ食うわでとても満足いたしました。

そしてひとしきり飲んで食べたあと、店を出たらライターの鈴木潤さんとばったり会いました。
広州すげぇ。

で、遅かったのでそのままみんなと別れ、わたしはタクシーにて
自分のホテルに帰りましたとさー。

とってもとっても、長い一日でした。
でも濃かった。本当に来てよかった。

おつかれさまでした!


というわけで、最後の日に続く〜。

【よんどめの!ACLたびにっき。】広州恒大とたたかえACL準決勝!試合直前編。

⇒ここからの続き。


猛暑とパンダと大荷物に体力を奪われつつも、
メインである試合に向かいます!!

まずは参加サポの集合場所(ホテルのロビー)に集まり、チケットを受け取ります。
そこからバスで全員で会場に向かうのです。

そこで知り合いさんを見つけて食いつきつつ、チンタオビールなどを恵んでもらってワッショイしつつ、
ここまでみんなどういうルートで中国来たのかなどを談義したりしつつ!

自分はだいたいこうやって集合場所で誰かに会うまでは完全なる一人旅なので、
なんかこう、会うと気持ち悪いレベルに嬉しそうでごめんねいつも!

というわけで時間が来たのでスタジアムに向かいますー!

関係ないけど貴州の時ははるばるバス20〜30分くらい乗ったけど、広州は中心街からちょう近かったです。
天河体育場そのものがだいぶ中心街にあるという。



スタジアム近づいたあたり。赤く見えるのはレイソルバスを迎える気満々の
広州サポさんだよ☆
まさかお出迎えが付いちゃうなんて、すごいセレブ気分☆キャピキャピ!

(つっこみは却下します。)






貴州の時は到着自体が試合開始のぎりっぎりでしたが、
今回は早めについたのでまだ明るかったです。
おっしゃー!乗り込んじゃうぞおらー――!!!



今回のチケットー!
…と、持ち込めないよと言われたので一生懸命入口で飲みきった
無炭酸レッドブル(アホのような甘さ…!)

どうでもいいけど、アウェイゴール裏300元(約4800円)って…
準決勝になった途端なにこの価格設定…?


パンダですか…?

(そこ)

だってGLの貴陽の時は120元とかだったんだよ…!
絶対この値上がり感アウェイ側だけだよね…?知らないけど!

もう、旅人には優しくしてよねーー!ぷりぷり。



ちなみに中はこんな感じ。1時間半くらい前なので、まだそんなに入ってないかも。
高層ビル群がよく見えます〜。



…とはいえ公安のみなさんはすでにちゃんと入ってます!
ごくろうさまです!


そんな感じにあたりを見回して写真撮ってキョロキョロしてたら、



…バチィィィイイイン!!!
と目が合いました。公安のおじちゃんと。

コイツ…た、ただものじゃねぇぜこの目力ッ…!

目力対決望むところじゃあ…!<●><●>ギュイイイイン

※おじさんが暇なときに物珍しいものを凝視するという、
わりとベトナムとかでもよくある光景でした。
(文字通り、穴が開くぐらいガン見するのがポイントだよ!)



これは、一緒にいた子が食べていた、えっと、その、

…なんだこれ!

太すぎてところてんみたいな春雨が、恐ろしいほどのにんにく臭のする
醤油のような風味で和えられていました。
一切おいしくない未知の食品でした。


…なんだこれ!
(二度言うよ!)



そうこうしていると、そろそろあたりも暗くなり始めます。



バクスタもどしどし埋まってきてます。
赤い!



広州恒大の選手が練習に出てきました〜。

またこの、写真撮る人たちのとこの席のつくり
なんとなく気になるんだよ中国…!(固定のベンチなのコレ…?!)



ちょっと見づらいけど、広州恒大のゴール裏に出てた日本語弾幕。

「柏を踏み潰せ!ACL決勝へ!」

と、そこはかとなくものものしいことが書いてあるのですが、
わたしが言いたいのはその文言どうこうじゃなくてですね、
この字的にこう、なんつーの…?


「柏を」の、「を」がさ…ちょっと変、っつーの…?


なんか遠くてよく見えないながらにすごい変で、

なんつーか、





みたいな感じになってたので、

も、ものものしい文言のわりになんかすごい可愛いことになっちゃってるんですけど…!
そんなのって…!

(動揺中)


もうなんかわたしこの…「を」…

今すぐ多用したい!!


というわけで!




(…おちょくってるわけじゃないんです!きゃああ怒らないで!)


ちなみにこの弾幕は、途中でなくなった風に見えました。わかんないけど。
(下げさせられたのか自発的なのかは謎です。)

まーいかんせんものものしいからね!ふふふ!



というわけでこっちも応援したるんじゃわいー!

\かっしーわれいそる!/ドドンドドンドン
\(*´ε`*)/



…となかなかに気合いも入ってきたところで、

昼間に引き続き広州は暑いので、いきなりですが喉が渇いてまいりまして…!

さっき飲み干したレッドブルが頭痛くなるほどの甘さだったのもあり…っつーか原因それだよもう!

たぶんこれ、試合中につらくなりそうなので、今のうちに給水を…!
と思って、水を買いに出ることに。


さーて、売り場はっと…売り場売り場…



…ひぃいいいぃぃい!なんか怖い!

み、水とスポーツドリンクがマラソンの給水所のごとく整然と並べられている…!
(奥にいるお兄ちゃんが一生懸命カップに詰めているよ…?)

中国のアウェイゴール裏でビールとかお菓子とかの嗜好品を望むべくもないのは
貴陽のときにすでに体験していましたが、
まぁそれにしてもなんつーのかしらこの…最低限の給水感…!

ちなみにお値段は1杯10元(160円)くらい。貴陽とおんなじでした。
少ないのに高いよーウワァァン!



どうでもいいけどすっごいぬるいです☆

コイツ…常温の称号をほしいままにしていやがる…!



試合開始ちょっと前のスタンド。アウェイ寄りの広州側ももうびっしり。



メインスタンドもびっしり!

ちなみに写真とか一切ないですが、広州の選手紹介がかっこよかったです。
映像めっちゃこってた。



というわけで選手が入場してまいりました…!
もうすぐキックオフ!!

『4点をひっくり返して、自分たちが決勝行く。』
この時、レイソルサポの胸にあるのはその気持ちだけ!


⇒試合編に続きます!

天皇杯恋歌。〜ACL先輩に、届けこの想い!〜


「ACL先輩!す、好きです!付き合ってください!」


「…お前の気持ちは嬉しいよ。
でもお前、今勝ち点42しか持ってないじゃん。学年12位だろ。
俺には、お前は友達にしか見えないんだよ」



「…!!
で、でも、まだ天皇杯があります!
わたしが天皇杯優勝したら、友達以上に見てくれますか?!」



「…バカ。元旦まで何試合あると思ってんだよ。
しかもその怪我だろ?無理すんじゃねーよ。俺のことは忘れろ」



「無理なんかしてません!
わたし本当にACL先輩のことが好きなんです!

ACL先輩がいるところなら、わたし、
飛行機5時間半のあとバスで6時間移動したあげくいきなり街中に象がいたってびっくりしないし、
ごっついラブホテルにだって1人でも泊まれるし、
いきなり部屋に謎のボランティアが来訪して来たうえに街で後をつけられても、全然平気なんです!

そのくらい、先輩のことが好きなんです!」



「…ほんとなぁ…お前…」


「ACL先輩のことが好きなこの気持ち、わたし、どうしても諦められないんです…!」


「……わかったよ。

元旦、お前がほんとに優勝できたら、その時また言いに来いよ。
そしたらそのとき、俺はもっと真剣に考えてやるよ。」



「……!!」


「その代わり、本気で挑んで来いよ」


「…ありがとうございます!!
わたし…絶対負けません!

天皇杯優勝して、絶対先輩の彼女にな


…って天皇杯負けてしまった勢いで打ってるわたしは何かの病気なんでしょうか。

こんばんは。ハタメグミでーすぽよよーん!
(上のアレなやつは昭和の少女漫画なテイストで読んでやって下さいお願いします)

まぁ、病気なんでしょうかっていうか確実に病気ですよね。
ACLに関わる何かの病気ですよ。
あるいは恋煩いかもしれないですよ。

もー。たすけてー。

そんなわたしですのでもう、今日の負けはショックでした。ほんとに。
テレビだったし。ほんと余計に。

ああいう展開で試合に負けてしまった悔しさと、
もう来年はACLには行けないんだというこのショックさ。
Wパンチにもほどがあるっつーのね…!





↑ほんといまだにこんなん


しかも自分なんか以上に、選手、チームみんなが誰より悔しいんだろうと。そこも本当に。
今年の経験を活かしてみんな来年もアジアに挑みたかったに違いないと思うので、
考えたらさらにしょんぼりですよ。。


それにしても今年の元旦といい、天皇杯にこう、タイトルとるぞーだけに留まらない
熱い気持ちを持って挑むことが自分たちにとって普通になるくらいに、
ACLというのは、魅力的な大会なのだと再確認しました。



…好きですやっぱり諦められません付き合ってください!(隙あらば告白)



でも今日はとりあえず。
選手、チームのみなさま、現地組のみなさま、遠い岡山で、お疲れさまでした!

もうね、こんなふうにくだらないことを書くくらいしかできず、
うまくまとめられるほど気持ちの整理はできておりませんのですが、
これもまたシーズン。これもまたサッカー。ですよね。


きっとこれも、神様のテストなのだな。
ここを越えてこそレイソルは、アジアでの花丸を勝ち取れるのだ!


ひとまずここでみんな怪我をゆっくり癒して、しっかりリーグ戦って地力をつけて、
ACLなんて楽勝じゃい!って言えちゃうような、すごいレイソルになったらいいのだ。
もっとやってやりゃあいいのじゃー!!


やりゃあー…



…うわぁぁぁぁぁん!!!(涙



だめだ何言っても今日は最終的に…泣く!(弱すぎ)


と、とりあえず今夜はやけ酒だぜ…!
ではでは、またー!


…あ、こんなですがACL広州遠征記の試合編、ちくちく書いてるので明日あたり更新します!
なんたるタイミング悪い界のファンタジスタ――\(o´ε`o)/――!!
(逆に快感…!)

よろしかったらよろしくどうぞ☆


かいてるひと

プロフィール
ハタメグミでげす。
レイソルとかベトナムとかペットのモルモットに翻弄される、よっぱらいイラストレーターです。
よろしくどーうぞ!

おしごと情報など

サッカー系NEW!
2014年9月発売のサッカーai・10月号に、海外組の注目選手たちの新ユニイラストポスターを描きました。
------------
レイソルのオンライン限定・マッチデープログラム"Vitoria"に、
【ハタメグミのお絵かき日立台】
を連載中です。
ダウンロードはこちらからどうぞ! モバイルレイソルで待ち受けも配信中!
------------
ベトナム系NEW!
ベトナムスケッチでイラストコラム
『ベトナムサッカーおっかけ通信』
を連載中です。
└最新号はまったくイケメン特集になりきれてないイケメン特集…!
------------
東日本大震災のときのイラストから来てくださった方へ。
ブログ内の記事はこちらです。
------------
もろもろ、よろしくどうぞ!
----------------------------
■まえのブログ。
【旧】はためにっき(エキサイトブログ)
⇒地味に好評だった、ベトナムのスイティエン公園の話はこちら。
----------------------------
■メールだよい。
hatame301☆gmail.com
(☆を@に変えておくんなまし!)
----------------------------
■リンクとかはフリーです。
ご自由にどぞー。

さいきんのにっき

カテゴリー

いままでのにっき

あれこれ

▼ひとまずついったー。

コメント

  • 更新滞ってたのでおひさしぶりなのでおしらせとか!
    イッサ
  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    がんず
  • 全ての被災された方へ。いちサッカー好きより。
    おきの
  • 全ての被災された方へ。いちサッカー好きより。
    かげろう
  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    たけ@ vega
  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    みっちぃ
  • この震災、絵ができることがもしもあるならば。
    とと
  • 更新滞ってたのでおひさしぶりなのでおしらせとか!
    まどろみ友子
  • 更新滞ってたのでおひさしぶりなのでおしらせとか!
    イッサ
  • 希望といっしょに!
    コラショ

管理あれこれ。