【よんどめの!ACLたびにっき。】大会を終えて。ACLとCWCについてねちねち語ってみる。

⇒ここから続いてるようなそうでもないような。






いやー。

CWC真っ只中なので、その広州の戦いに絡めてACLをかっこよくキリッ!と
総括してやろうかと思ったのですけど、
じつはそんなに書くことなかったですどうしようーーー!

どうもですこんばんはこんばんはー。
ハタメグミです。

…それはなぜかといったら。

わたしのレイソル愛とアジア愛、からのACL愛&CWC欲。
来年は行けないことが決まっても、変わらず想いがとめどないため、
最近なに話してもお前それしかいわねーべ、っつーか
もうね、飲み会のたび昔振られた彼女の話をし続ける人みたいになってるかんね!

まーでも、わたしの想いを簡潔にまとめると

ACL=出たい

CWC=出たい

だけでした。

わー。シンプルー。

まぁねでもさ、何万回行きたい行きたいゴネてみたところで
今年のモロッコにも来年のACLにも行けないことにはかわりませんので、
ここは力をつけて再来年!ですよ!

(…ば、泣いてねーよ!見んじゃねーよ…!)

同じ先輩に毎年バレンタインに何回も告白する後輩のように、ACLに挑み続けるのよ!
わたしはあきらめなんだからねー…!


そして、モロッコで開催真っ只中のCWC。

『モロッコ行くぞ』って言っただけでみんなが何目指してるかわかる熱いチーム、
それが2011年を越えてからのレイソル…!
嗚呼…わたしが破産覚悟で行くはずだった…モロッコ…!(涙で前が見えない…!)

でも、そこにたどりつく前に、わたしたちが越えられなかった広州恒大の高い高い壁。

いまはその広州が、どこまでやれるのかをものすごい楽しみにしちゃってる自分がいるよー。
あの強さがびりびりと肌でわかるぶん。余計にね。

…アジアのてっぺんのプライド見せつけてこい!(上から目線)

すいません負けたのに偉そうですいません。
広州恒大さんのためにね、わたし夜更かしっつーかもうね、早起きしちゃうよー!
見ちゃうよ見ちゃうよー。


こうしてわたしたち、ひとつのACLの旅が終わっても。
まだここはレイソルの挑戦の道の終わりではない。
ここはまだ、道の途中なんだもの。

わたしたちもっと高い舞台に挑んで、てっぺんでみんなで笑えるように!
頑張っていきましょー!

とりあえずいまはそんな感じです〜。

えっと、じゃあ、とりあえず最後に叫んでおこうかな…

せーの、


ACL、


あいしてるぅうううぅううぅううううううう!!!!!!!!!
!!!!




〜おまーけ。〜

先日のCWCの放送にて。



テレビの前で放送見つつものすごい緊張したのはここだけの秘密だよ…!
長時間おつかれさまでしたっしょい!!


それにしても、驚異の金髪率だった去年の放送からはや1年かぁ。早いなぁ。
うぐぐぐぐ、絶対今度は放送ゲストじゃなく!大会のほうに出るんだかんねー!!
 

【よんどめの!ACLたびにっき。】ホーチミンへ戻るのです…!広州遠征最後の日のはなし。

⇒試合の話からの続き。


■10/3(木)。



ああ…さわやかな朝だなぁ…。
ACL準決勝で敗退した次の朝とは思えないなぁ…(自分を苦しめ中)

今回の遠征中はとりあえず天気がよすぎるぐらいによかったので、
とっても救われていた気がしますよー。


あ、ちなみに今回のお部屋。


寝相が悪いのでぐっちゃぐちゃですが、広くて駅近くて便利で安かったので大満足でした。
広州遠征で安くあげたかったらぜひどうぞ。
ここ。⇒Spring Time Hotel Tianhe(广州春天里精品酒店)

一部屋に一台wifiあるっぽいし仕事もできました。机は狭かったけど。


あ、ちなみにこのホテル、


トイレもシャワーもどうしてここまでというレベルにガラス張りです。
要は全開!!

※ひとりだったら解放感に浸ってもよいと思いますが、
お友達と泊るときなどはブラインドを下ろしてご利用ください。


  
そして初日にゲットしたおつまみザーサイが余ってたので、
朝ごはんがまさかのザーサイ…!

でもこの四川の辛いザーサイ大好きなのわたし!いつも買ってるのわたし!
キャピキャピ!

どうでもいいけどこれ、知らない漢字+中国語が読めないので、
【ゆめとち】って勝手に読んでるのですがほんとはなんて読むんでしょう。

知らないまま人に言っちゃいそうだヤダ怖ーい。ユメトチ!



さて、チェックアウトして空港に向かいます――ん。

確か15時とかのホーチミン行きのベトナム航空の便なので、わりとのんびり。
お昼は市内でその辺のとこで食べたいなー。ローカル食堂大好き!



そのへんの道端にあったうすよごれた乗りもの。
何が【OK】なのでしょうね!ウフフ!



そしてそのへんの食堂に入ります〜。

ちなみにこのとき、例の鉛のようなPCセットを背負ってたのですが、
席についておろすぞーってしたときに、背負うベルトのところに引っかかってた右手の親指が
あまりの重さで変な方向に持ってかれて、


【…ボキッ!】


ってめっちゃ嫌な音がして、
なんつーのうまく言えないんだけど関節っぽい音(語彙なし)がして、
もうその瞬間全然動かせないし息止まりそうなくらいに超痛くて、
気付いたらどんどん腫れてきて、


…ひいいいぃいいいぃぃぃぃ!!!


あ、あたしとうとうやっちまっただ…!

絵描き唯一の商売道具の右手の!親指の!
なにこれ!脱臼?骨折?捻挫?的な?
生まれてこのかたそういった類の怪我したことないから全然わかんないけど、
うわあああたぶんそれだ…っつーかどれかだきっと!

わあああ!このままでは明日からご飯の食い上げになってしまう!
どうしよう!
っていうか親指負傷ではこれから運ばれてくるご飯がまず食べられない!
どどどどどどーーどうしよう!!

…ひとしきりパニくって、でも冷静にピーマンと何とかの麺を頼みました。

(食欲だいじ。)



(そのときのメニュー。おおすぎだ!)


頼みつつも、頭の中ではじんじん痛む右手の親指(軟弱者)のことで頭がいっぱい。


も…もしなにがしかの負傷だったらわたし…
この先どうしたら…!

しかも鉛のようなPCセットのせいでひとりで広州の食堂で負傷したとか
何ひとつモテる要素がない…!

「広州の悲劇」どころか「天河の呪い」だよどうすんのこれ…!


あわわわ…


あわわ…



あ、


いただきまーす!!!
(食欲だいじ。)

普通においしかったです!これでもかってほどにピーマン。

右手が痛すぎて使えなかったので、左手でお箸もって食べました。
まじ、ちょうゆっくり。

こんな感じの早食い防止の左手でお箸使うダイエット法、
むかしやったことあったな…モグモグ…。おいしいな…。

ああ、あのときのダイエットのおかげで広州でご飯食べれてるんだな…モグモグ。

モグ…。



はい、ごちそうさまー!!
完食!!
(食欲、だいじ。)


そして左手を駆使して食べた結果、
食事が終わるころには痛かった右手もちょっとだけだけど落ち着いてきて、

お、どうやら折れてはいないぞ…!(※折ったことないので勘)
すごい痛いけど力は入るから、脱臼的なあれでもなさそうだな(※脱臼したことないので勘)
うーん、やっぱただの捻挫っぽいな〜(※捻挫したことないので勘)

というわけで、結論としては、症状の名前はともかく、
「痛いのしばらくがまんしたら明日からも働ける!」ということになりました。

ほんと安心したーー!!!


って

遠征全然関係ねぇーーー!!!!


ほんとすいません。
でも話したかったの。なんか。すっげー痛かったから!

ちなみに腫れはしばらくして引いたので病院とか全然行きませんでしたが、
しばらくはずっと力入れると痛くて、2ヶ月くらいたって最近やっと痛くなくなりました。
症状、なんだったんだろう。
ほんとこええ…大事に至らなくてほんとよかった。

みなさまも日常に潜む何気ない怪我には注意ですよ!

人生はいつ何時、足にオーデコロンの瓶が落ちてくるかだってわからないのです。
そのくらいの注意力で生きていかねばと思いました。

(何が何だかだよもう)



で、ご飯を無事に食べたので、そのまま地下鉄に乗って、
空港に向かいましたとさ〜。


パキスタン人の気のいいおにいさんに何度も遭遇して話したり、
サロンパスのような味の歯磨きセットを入手したり、
楽しかったです。空港。すっごい広いしきれい。


で、中に入って搭乗口に向かってたら、わたしのベトナム航空の便の搭乗口の隣が
まさかのレイソルご一行様が日本に帰るJALの搭乗口
だったので、超ぎゃっふん。

…というかこの時の自分、広州でもはや誰にも会わないつもりだったので、
完全に雰囲気が人としてアウトな感じだったんですよね。
気分的には地元のコンビに行くときくらいのうつろな目ですよ。髪ボッサボサ。
広州暑くて化粧ドロドロ。
これでジャージかなんか着てたらここ板橋かとみまごうわ〜。みまごっちゃうわ〜。
しかもさっきサロンパスみたいな味の歯磨き粉で歯磨いたばっかだから口から湿布臭するし。
(終わってる…!)

そんな状態で、ぼんやり歩いて搭乗口の近くに向かってるときに
ふと遠くから前の方にいる集団を見つけて、

「おや、なんか向こうのほうにやたらたくさん背の高い人と金髪の人とブラジル人っぽい人と、
やたらシルエットがテツローサンっぽい人
がいるなー…

ってことはあれチームご一行様の一団じゃね?!やべ!!」

と、大変にびびりまして。

まぁ自分が知ってる方は広報さんくらいしかいないんですけど、
こんな姿がデフォルトだと思われたら人としてあれなので、
慌ててトイレに駆け込みかろうじて普通の社会人の雰囲気に擬態してから、
何食わぬ顔で挨拶に行ったのはわたしと地球のみんなだけの秘密だよ☆キャピキャピ!

教訓:海外でも知っているひとに会うことはあるので、
地元のコンビニに行くような姿・気持ち・うつろな目で行動するのはやめましょう。


…ってどうでもいいぃぃいいいいぃぃぃいい!!!!

しかもまた遠征関係なかったー。
すいませんでしたー。



というわけで、物陰で勝手にチームを熱くお見送りして、
少し後発の、ホーチミン行きの便で、わたしも広州を後にしたのでした〜。

ばいばい、広州。
わたしは、きっとまた来るよ。

まってろよな!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⇒というわけで。
ACLへのこの重すぎるわたしの愛だとか、2013年のCWCも始まって広州恒大への思いも
いろいろありすぎて長くなりそうなので、総まとめ編に続かせてください…!
(長いけどあと1回で終わるのでよろしかったらお付き合い…くださいまー!)

【よんどめの!ACLたびにっき。】広州恒大とたたかえACL準決勝!試合&試合後編。

⇒試合前編からの続き。






はいキックオフーーーーー!!!

ちなみに試合中の写真はありません!
もう始まったらそれどころじゃないからね。。

試合の感想…っていうのもなんかこう、そんな悠長な表現は出来そうもなく。
始まってからはとにかく気分が高揚しまくっていて、
まぁそこだけ聞くとポジティブだけど、
言ってしまえば、たくさん点を取らないといけない、って、
応援しながらどこかでものすごく焦っていて。

天河体育中心体育場は見渡す限り真っ赤で、広州の選手がボール持つたびにすごい雰囲気。
で、雰囲気もすごいけど実際プレーもものすごくて、圧倒されそうになる。
ああ、そうだ、ここはアウェイなんだ。これがアウェイなんだ。
心がびびってつい、下を向きそうになる。

自分が強気に描いてきた通りに進まない試合、「4点返すためのまず1点」がなかなか取れない、
その焦りが膨らんで、ちょっとずつ気持ちが重くざわざわしていく。

うう…こんな中で失点せず、ここから点を取らないといけないなんて………

いや!理屈じゃないんだよ。

4点だろうが100点だろうが返せるって思わなきゃこんなとこに来てねーんだ!
応援しに来てんだよ!!


ってずっと、もう怖いことはあんまり考えないようにして、
ずっと跳ねて声を出してました。


そんな中。


16分。無慈悲にも、目の前で広州の先制点が決まる。
わたしの焦りなんか知ったこっちゃねぇって感じで。本当にあっけなく。

まだたった1点のゴールだし、ここまできたら4点取んなきゃも5点取んなきゃも
大して変わらない気がするのに、
このときは心にのしかかってくるものがはんぱなかった。
スタジアム中を包む広州サポの歓声の中で、わたしはなんでだか目に涙がたまってきてしょうがなくて。
ずっと、鼻すすって我慢してた。

いつも、ひどい失点したりしたって、へこんだりがっくりきたりはするけど、
わたし泣いたりなんてめったにしないのにさ。
人が泣くようなシーンではほとんど泣かないひねくれものなのに。

なんでか、このときは気を抜いたら泣きそうで。悲しいとも悔しいともなんか違って。
ほんと、なんでだか。


そして先制されたまま前半が終わり、後半が始まり。
依然として掴めないペースの中、点を取らなきゃいけない現実ばかりがのしかかってくる。


…後半は、もっとあっけなかったなぁとも思う。

目の前で、一戦めと同じにどんどん重なってく失点。
でも、足がどんどん止まってく、そんなレイソルの選手たちを見て、
走れ、なにやってんだ、なんて、とてもじゃないけどそんな言葉出てこなかった。

ただ、がんばれ、がんばれってそれだけあほのように連呼してた。
みんながんばってるのにね。

なんかもう後半は細かいことはあんま憶えてません。
でも最後まで、まぁちっぽけですが、自分のありったけの気力を振り絞って、跳ねて歌っていました。


そして、長い、試合終了の笛。


アウェイの広州で、4-0の完敗。準決勝敗退。

レイソルとわたしたちの、2013年のACLの遥かなる旅は、ここで終わりを告げたのでした。


このとき、目の前にあったのは、ただひたすらにおっきいおっきい壁。
同じアジアのチームに対して感じた、このときのわたしからは向こうが見えない、高い壁。

お金だとか、選手だとか、そういう現実的な要因の意味での壁、ってことだけではなくって、
自分がその場で、本気で突破したいと願って応援していたうえでのしかかってきた、
まだうまく言葉にはできないけれど、もっと感覚的な意味での「おおきな壁」。

この試合に勝てなかったことで、わたしはその壁を自分の中に刻み込むことになったのです。

でも、
だからこそ。

わたしたちレイソルがここから立ち向かうべきもの、どんなに高くても絶対に越えるべき壁。
その存在の片鱗を、この手でつかんだような。この目でしっかり捉えたような。そんな気が同時にしたのです。

どんなに大敗しても、アジアのてっぺんを取るぞという、この気持ちに嘘がないならば。
広いアジアの向こうにある、さらに広い広い、大きな世界に挑みたいのならば。

そのためには必ず超えるべきものが、このときの天河体育中心体育場に、たしかにあった。
わたしは、そう思いました。


---------------------------------------------


…というわけで、試合後。

選手を見送り、ひと段落したので、席でぼーっと水分補給します。


はー。


いやぁ…



燃え尽きたなぁ…。




はは…やっぱりまだ公安のみなさんがいっぱいいるわ…

あー…中国のスタジアムの風物詩だね…


…って全然力こもってないけど燃え尽きてるんだからほっといてよね!グスン!

(※スタジアムの外にまだ出ていいと言われていないので、レイサポはゴール裏待機中です。)


はー…


それにしても燃えつきすぎた…


なんかこう早く、試合総括しながらみんなでお酒飲みたいなぁって感じだよ…

早く、明るく切り替えた…




…バチッ



…んお?!


なになに?!


あれ、バクスタとゴール裏の…電気消えた?



メインはまだ…



…バチッ!




わーメインも消えたーー…


ってコラァァァアアアアァァァ!!!!!

なんで人いるのに電気消すの!!!!


なして!

なしてなの!



暗いよ!

こわいよ!

なにす…





………………シャーー………………





え…えええええ……


今度はなに…



って


スプリンクラーで水撒き始まってる…!?

(なんか平然とスタジアム完全に閉めるモードに入ってますけど、
広州のみなさん…あたしたちいるの見えてる…?!)



っていうかさ、この写真もさ、



…なんでこんな幻想的なんだよ!

(※床をドンドン叩きながら)


そんなこんなひとりで騒いでいたのですが、こからもうちょい時間がたってやっと、
外に出れましたとさ。


…ふぅ。長かったぜ…!



…どうでもいいけど外も暗いね!


ちなみにバスに乗り込んだところ、案の定、
いい感じにレイサポのバスは広州サポさんにお出迎えされてまして、

まぁお出迎えっつってもうちら潔く敗退してますので別に何もされませんので、
負けた負けたーつって通りから笑顔で冷やかされるレベルなんですけど、
この…なんつーの、冷やかされるのがなんつーかまぁ、悔しいよねーー!

これ、こいつら落ち込んでるんだろうなざまあみろ〜みたいに思われてるんだろうな…
ち、ちくしょううう…!

と思ったらなんだかとても好戦的な気持ちになったので、
バスの窓から目が合った、おしゃれな感じの広州のサポの女の子に向けてしっかり中指を立て…たりなんてするわけないでしょうっつーの何言ってるんだっつーの。
わたくしお育ちいいんですからそんなことしませんから。

むしろ、


鼻水がたれてきそうなほどの満面の笑顔で、

ひたすら手を振ってみました!





(※イメージです)


「えー、なにあのひと、負けたのにへらへら笑っててバカじゃないの…」
…って感じで失笑でもされるかなと思って。もう逆にそのくらいでいいわ!と。

うちら落ち込んでねーし!落ち込んでるけど一切落ち込んでねーし!
もうね、敗退なんて全然こたえてませんから!と!(超こたえてるけど)
レイサポの不機嫌で落ち込んでる顔見たいんだろうけど、そうはさせるかっつーの。
スケール小さい感じに、平和的に裏をかいてやろうというわけですよ!フハハ!

そしたら、その女の子は、そんなアホのような笑顔でバスの中から手を振るわたしをみて、
えっ!て顔をして、
なにあれー、って、失笑する…

…かと思いきや。

笑顔でちょっと恥ずかしそうに、でもめいっぱい、手を振りかえしてくれたのでした。


…ええぇぇ、どうしよう…すごいいい子だった…!


しかもさらに、ちょっとはにかみながらその子は、隣にいた友達にも、ねぇねぇ、って呼びかけてくれて、
最後は女子3人くらいで、ちょっとバスを追いかけめに、曲がり角で見えなくなるまで、
笑顔でずっと手を振っててくれたのです。


………


うわあああぁぁんなにこれどうしようー!!

斜め上を行く素直ないい子たちだったよーー!!



(わたしの心ときたらうす汚れててほんとすいませんでしたーーーー!)
(ってまた中国きて女子に感動しているわたし…!)


なんか、ACL遠征来るといつも、こうして自分が見たことない、
いろんな世界に出会ってる気がするのですよ。
なんだよなんだよ。ACL大好きだ!アジア大好きだよー!!

あのときのサポの女の子、ありがとう。
大敗して帰る道だったけど、すこしほっこりできたのはあなたたちのおかげです。
ほんとうに!



さてさてその後バスは予定していた広場に到着し、スタジアムツアーは解散したので、
おりゃあと飲みに繰り出します!
もう、飲まなきゃやってられるかってんだよー!!

(すっかりいつものわたしのテンションになって来ちゃってるっつーんだよー!!)



はいはいはいビールビール!ピージョウ!ですよ!
もうありったけの酒をじゃんじゃんもってこいっつーのねー!!
どうでもいいけどこのビールも瓶がかっこよいね。


あ、ちなみに、このお店なんですけどー、
店の中はどんな感じかというと…

こんな感じです。


はい、ただのアウェイでした!!!!
(ドドン)

もうね、気にしてられませんっつーの。
まぁいるひとみんな一心不乱にご飯食べてたので全然干渉とかはないですが、
まぁうちら以外全員広州サポだったということで理解してください。

とりあえず、黄色が浮いてたのか、よく目は合いました。
(コラコラ、恋すんなよ!=☆)


そしてみんなで卓を囲みながら、いろんな思いを馳せました。ACLに。

やっぱここで簡単に4点返せるほどサッカーは甘くないですね、とか。
でもやっぱり優勝してモロッコ行きたかったよね、とか。
試合前のクドーちゃんのコメントは誰よりも強気で頼もしかったなぁ、とか。
店員がさっき頼んだあんかけ焼きそばも空芯菜もないって言い出してるんですけどどうしましょうやっぱチャーハンにしますか、とか。

(一部ACL関係なかったです失礼いたしました)


…ホント素敵な大会があったもんだよこんちくしょうめ!(号泣)



これが料理です。めっちゃおいしかった普通にー!
飲むわ食うわでとても満足いたしました。

そしてひとしきり飲んで食べたあと、店を出たらライターの鈴木潤さんとばったり会いました。
広州すげぇ。

で、遅かったのでそのままみんなと別れ、わたしはタクシーにて
自分のホテルに帰りましたとさー。

とってもとっても、長い一日でした。
でも濃かった。本当に来てよかった。

おつかれさまでした!


というわけで、最後の日に続く〜。

【よんどめの!ACLたびにっき。】広州恒大とたたかえACL準決勝!試合直前編。

⇒ここからの続き。


猛暑とパンダと大荷物に体力を奪われつつも、
メインである試合に向かいます!!

まずは参加サポの集合場所(ホテルのロビー)に集まり、チケットを受け取ります。
そこからバスで全員で会場に向かうのです。

そこで知り合いさんを見つけて食いつきつつ、チンタオビールなどを恵んでもらってワッショイしつつ、
ここまでみんなどういうルートで中国来たのかなどを談義したりしつつ!

自分はだいたいこうやって集合場所で誰かに会うまでは完全なる一人旅なので、
なんかこう、会うと気持ち悪いレベルに嬉しそうでごめんねいつも!

というわけで時間が来たのでスタジアムに向かいますー!

関係ないけど貴州の時ははるばるバス20〜30分くらい乗ったけど、広州は中心街からちょう近かったです。
天河体育場そのものがだいぶ中心街にあるという。



スタジアム近づいたあたり。赤く見えるのはレイソルバスを迎える気満々の
広州サポさんだよ☆
まさかお出迎えが付いちゃうなんて、すごいセレブ気分☆キャピキャピ!

(つっこみは却下します。)






貴州の時は到着自体が試合開始のぎりっぎりでしたが、
今回は早めについたのでまだ明るかったです。
おっしゃー!乗り込んじゃうぞおらー――!!!



今回のチケットー!
…と、持ち込めないよと言われたので一生懸命入口で飲みきった
無炭酸レッドブル(アホのような甘さ…!)

どうでもいいけど、アウェイゴール裏300元(約4800円)って…
準決勝になった途端なにこの価格設定…?


パンダですか…?

(そこ)

だってGLの貴陽の時は120元とかだったんだよ…!
絶対この値上がり感アウェイ側だけだよね…?知らないけど!

もう、旅人には優しくしてよねーー!ぷりぷり。



ちなみに中はこんな感じ。1時間半くらい前なので、まだそんなに入ってないかも。
高層ビル群がよく見えます〜。



…とはいえ公安のみなさんはすでにちゃんと入ってます!
ごくろうさまです!


そんな感じにあたりを見回して写真撮ってキョロキョロしてたら、



…バチィィィイイイン!!!
と目が合いました。公安のおじちゃんと。

コイツ…た、ただものじゃねぇぜこの目力ッ…!

目力対決望むところじゃあ…!<●><●>ギュイイイイン

※おじさんが暇なときに物珍しいものを凝視するという、
わりとベトナムとかでもよくある光景でした。
(文字通り、穴が開くぐらいガン見するのがポイントだよ!)



これは、一緒にいた子が食べていた、えっと、その、

…なんだこれ!

太すぎてところてんみたいな春雨が、恐ろしいほどのにんにく臭のする
醤油のような風味で和えられていました。
一切おいしくない未知の食品でした。


…なんだこれ!
(二度言うよ!)



そうこうしていると、そろそろあたりも暗くなり始めます。



バクスタもどしどし埋まってきてます。
赤い!



広州恒大の選手が練習に出てきました〜。

またこの、写真撮る人たちのとこの席のつくり
なんとなく気になるんだよ中国…!(固定のベンチなのコレ…?!)



ちょっと見づらいけど、広州恒大のゴール裏に出てた日本語弾幕。

「柏を踏み潰せ!ACL決勝へ!」

と、そこはかとなくものものしいことが書いてあるのですが、
わたしが言いたいのはその文言どうこうじゃなくてですね、
この字的にこう、なんつーの…?


「柏を」の、「を」がさ…ちょっと変、っつーの…?


なんか遠くてよく見えないながらにすごい変で、

なんつーか、





みたいな感じになってたので、

も、ものものしい文言のわりになんかすごい可愛いことになっちゃってるんですけど…!
そんなのって…!

(動揺中)


もうなんかわたしこの…「を」…

今すぐ多用したい!!


というわけで!




(…おちょくってるわけじゃないんです!きゃああ怒らないで!)


ちなみにこの弾幕は、途中でなくなった風に見えました。わかんないけど。
(下げさせられたのか自発的なのかは謎です。)

まーいかんせんものものしいからね!ふふふ!



というわけでこっちも応援したるんじゃわいー!

\かっしーわれいそる!/ドドンドドンドン
\(*´ε`*)/



…となかなかに気合いも入ってきたところで、

昼間に引き続き広州は暑いので、いきなりですが喉が渇いてまいりまして…!

さっき飲み干したレッドブルが頭痛くなるほどの甘さだったのもあり…っつーか原因それだよもう!

たぶんこれ、試合中につらくなりそうなので、今のうちに給水を…!
と思って、水を買いに出ることに。


さーて、売り場はっと…売り場売り場…



…ひぃいいいぃぃい!なんか怖い!

み、水とスポーツドリンクがマラソンの給水所のごとく整然と並べられている…!
(奥にいるお兄ちゃんが一生懸命カップに詰めているよ…?)

中国のアウェイゴール裏でビールとかお菓子とかの嗜好品を望むべくもないのは
貴陽のときにすでに体験していましたが、
まぁそれにしてもなんつーのかしらこの…最低限の給水感…!

ちなみにお値段は1杯10元(160円)くらい。貴陽とおんなじでした。
少ないのに高いよーウワァァン!



どうでもいいけどすっごいぬるいです☆

コイツ…常温の称号をほしいままにしていやがる…!



試合開始ちょっと前のスタンド。アウェイ寄りの広州側ももうびっしり。



メインスタンドもびっしり!

ちなみに写真とか一切ないですが、広州の選手紹介がかっこよかったです。
映像めっちゃこってた。



というわけで選手が入場してまいりました…!
もうすぐキックオフ!!

『4点をひっくり返して、自分たちが決勝行く。』
この時、レイソルサポの胸にあるのはその気持ちだけ!


⇒試合編に続きます!

【よんどめの!ACLたびにっき。】広州香江野生動物世界で、白と黒のあいつに会うのです。後編。

⇒前編(やたら長い)からの続きです〜。

やったよ〜パンダコーナーやっと着いたよ〜。(感涙)
これ以上辿りつけなかったらこのかついでるパソコン椅子にして座り込むとこだったよー!

ほんとも〜。
ツンデレなんだから〜。
パンダちゃんめ〜。

というわけで入場します。
ヒヒヒ…!


さすがパンダゾーンは人気でした。
家族連れが次々吸い込まれていきます。



中もすごい人だかり。

見えない!見えないよ!パンダどこー!!

ただすごい人だかりなわりにここにいたみなさまは飽きるのも早かったので
しっかり後ろでポジショニングを確認しつつ狙っていれば
しっかり前に行くことができるのです!

よっしゃ!最前!

パーンダ!

パーンダ!


パー…











……………………


………えっと、生きてます………!?


ちょ、こんだけのオーディエンスに見守られてるのにどんだけ神経太いんだよ!
ちょっと口あいて歯が見えてるし!気を抜きすぎだ!


まじ、パンダってこんなに無防備だったっけ…?

上野のあいつは背中しか見せない感じで、常に醜態はさらさない感じでいたような気がするんだけど…

ってもういい!次!
もっと野性味あふれる大熊猫はいないの?!

野性味…



ちょ、なにこの体勢
デスクワーク中か何かですか?!



〜イメージ画像〜


「あー、っと、今週のタスクは、っと…
わーまたアポとんなきゃなーだりーなー」



(違和感ない…!)


ちなみに次のゾーンにすすむと、今度はお食事中のPNDがいるらしい!
なんかすごい人だかり。

ええい、見えーん!みんなんどけどけー!早く飽きろー!(暴言)

よく見えないので、カメラを上に上げて写真を撮りまくります。


お、あれか?!


あれなのかー?!





…お尻ーーー!
(床を叩く)

よく見えないながらに、これはちょっと萌えました。尻。


ちなみにお隣のエリアにはご飯を食べ終わり、もうお腹いっぱいニャン☆な
パンダさんもいらっしゃいまして、

それがこちらなんですけど、



どこにも力の入ってない感じがね、
もう野生には戻れないにもほどがあるよー!


いいか!ここにいる全てのパンダたちに告ぐ!

もっと気を引き締めんか!

もっとシャキっと立ち上がってサクサク歩かんかー!

ねえ、みんな!あたしの話聞いてる?!



/ 聞いてませーん \


…ちくしょおおおおおおおーー!

ちょっと口元笑ってるしね。ホント。宣戦布告かっつーの。
微笑みの貴公子かっつーの。


でもこの写真もさ、なんかこう、


中におじさん入ってるのかしら…?って感じのうらぶれ感だしね…
っていうかすごい猫背だし!(大熊猫なだけに)


もうね、この「野生動物世界」において、野生からかけ離れることをいとわないどころか、
ある意味誰よりも謳歌していそうなこのパンダさんたちにはね、
感動すら覚えましたんですよ。わたしは。

やはり…奴らは手ごわかった…!

外交の主役になれちゃうだけのことはあるよ…パンダ!


さて、ここまでたくさんのグダグダやる気あふれるパンダを見てきましたが、
最後に今回いちばんアレな姿をさらしてくれたパンダさんを
ご紹介したいと思います。


…はい!この子です!
(ドドン)






……

なんでわざわざそんな斜面で寝るの…?



ねぇねぇ、もう少し平らなとこで寝れば平和じゃない…?

ねぇ…なんで…?!



なるほど、隙間にお尻が挟まっていて安定感がってこらー!
そんなわけあるかー!


パンダの生態は、最後まで一切読めませんでした。
こんなに何頭も見たのにね!

でもパンダさんたちの自由そのものの姿に非常に満足ですお腹いっぱいです!
ありがとうございました!非常感謝!


ちなみにこの大熊猫センターは他にもいろいろ展示してあって、(写真ないけど)


この水墨画風の絵がかわいかった…!
コパンダがご飯食べてるとこ。



出口らへんには、多頭飼育に成功した時かなにかの写真と説明が飾ってあります。

ちょ、これ、



ヤダ、あいくるしいーーーーーーーーーーーー!!!!!

大きくなるとあんなおっさん入ってるみたいになっちゃうのに!
コパンダかわいい!!萌え!萌えーー!!
(じたばたじたばたじたばた)


さて、コパンダの写真にひとしきり萌えたところで大熊猫センターを出ると、
パンダグッズ満載のお土産物さんに通じてます。
お土産買うならココ!すごいパンダっぷりでした。



わーい、グッズがたくさん☆

……


…ん…?


(恒例のアレだけど)


いまなんかすごい…殺気みたいなものを感じたんだけど…気のせいかな…?


気のせ…





気のせいじゃなかったーーーー!!!!!


目つきがこええええええええええ!!!!!


っていうかお土産屋さんになんでこんな怖いオブジェ作るの?!

ねぇどうして?!

パンダの目つきって意外とするどいよね、とかは確かに言われてるけど
いくらなんでもこんな三白眼ではないよ?!

ねぇなんで誰か教えてーー…!!!



【拡大】

(これ…殺し屋の目つきだ…!)



すみません。パンダの最後にすごく取り乱しました。
ほんとすいません。いつもこんなですみません!



さて、この日最大のミッション(パンダ)をクリアしたところ、時間も刻々と迫ってきているので、
4000円とか払ってるのにもったいないのですが、遠慮なく動物園を後にいたします!

試合遅れたら大変だからね。今回の広州のメインACLだから。断じてパンダじゃないから。



近くにはホワイトタイガーのショーとかやるホールがあるのですが、
見たかったけど時間ないので今回は通過!


さくさく進むよ!


一切立ち止まらずに進むよー!!


さくさく…



またもや目が怖いのきたんですけどーーー!!

(盛大に立ち止まり中)



カンガルーもこええええええええ!!!
あとそのお腹の穴なに!なんで!



うわーん目が合わないよこわいよおおおおお



こっちのこれはこれで腹立つし何この動物園ーーー!!!!
(特に象)


もうやだ。。。アジアの街を歩いてるだけで変なオブジェに囲まれちゃうこの
ジャニーズ系アイドルみたいな自分のカリスマ性が憎い…!


もうやだ早く動物園出る!!!(涙)

駅はどっちなの?!




/ こっちですよーん \


…ひいいいいいいい!!!!!




まじ、広州香江野生動物世界、あなどれない。

あなどれなすぎる。



そんな感じで最後まで変なオブジェに案内してもらい、
何とか出口に辿りつき、
このころにはもう背中のPCはお地蔵様か何かを背負ってるレベルに重くなり、
暑さと疲れで足どりもフラフラになりつつ、
地下鉄の駅へと…向かうのでした…。


でも動物いっぱいですごいおもしろかったです。ケチらないで行ってよかったー!
広州行かれる方はぜひ。併設してる他の遊園地もオススメだよー!



(それにしても、帰りも黄色いなー。)



⇒というわけで次は試合編です。前フリ長くてごめんなさいねいつもウフフ!
盛大に続くー!!

【よんどめの!ACLたびにっき。】広州香江野生動物世界で、白と黒のあいつに会うのです。前編。

⇒ここからの続き〜。


■10/2(水)

広州2日目。すなわち試合当日です。

おはようみんなー!!
朝から水煮魚とカリフラワーの炒めたやつで元気100倍!ハタメグミだよ!(・ω<)-☆

…っていうかもうすげーお腹いっぱい助けて!めっちゃ胃もたれてる助けて…!

などと朝から昨夜と同じメニューでくじけている場合ではございません。
試合の集合時間は16時半。それまで盛大に時間があるので、ここはがっつり観光などを!
しないとねー!もったいないですから。

というわけでー!
今日はとても有名な広州の観光スポット、「広州香江野生動物世界」に行くよー!
なんでそこに行くかっていうと、それはね、パンダがいるからだよー!!

みんな大好きだよねパンダ。
あの白と黒の黄金比をほしいままにしている彼。
いつだって上野界隈をこれでもかと翻弄してくるキュートなアイツ!


パンダ!!!
(大きい声で言ってみたかっただけです)


というわけで、早速向かいましょー!







まずはホテルを出て地下鉄駅まで歩きます。(駅は目の前なので楽でした〜)
関係ないけど今回の広州、10月頭なのに、ホーチミンかってくらい暑かったです。
なんかひとり汗だくですよ!恥ずかしいわ!



地下鉄の切符を買って向かうよ〜。
わたしの最寄りの「燕塘駅」から「汊渓長隆駅」まで、乗り換え一回です。


ちなみに、よければ少しでも臨場感をもってこの旅行記を読んでいただくためにですね、
先に、わたしからお伝えしておきたいことがあるんですけど。

わたし今回、

激重ノートPC(VAIO)+ペンタブレット(古いので重いしでかい)+外付けHDD(なぜか2個)

をね、広州まで持ってきていたのですよ。仕事道具なので。

で、泊まっているホテルにですね、この設備をまるっと置いていくのは
さすがにできなくてですね。。

日本でも同じだと思うけど、掃除のときは誰でも入れるから盗まれたり、
うっかり壊されたりしたら大変だから。ほんと。
途方に暮れて泣いちゃうから!

なので、まーほんと、この装備、アホみたいに重いんですけど、
なんつーの、


観光に、持っていくしか…ないっていうね…。


ほんと、楽しく身も心も軽やかに踊り出したいような動物園観光で、
ステップふみながら鼻歌交じりにパンダを鑑賞するべきなようなシーンでですよ、
なんでこんな鉛のような荷物を持って行かなきゃならんのだと嘆かわしいのですが、
ほんとこればかりは仕方ない。仕方ない仕方ない仕方ない(自分に言い聞かせるように)

なので、このあとの動物園行きは、とりあえずわたしはすごい重い荷物を背負っていると
そんなふうに思って読んでやってください。






というわけで!

はーい!そんな鉛を背負ったレイソルサポが来ましたよー!
汊渓長隆駅でっす!


改札通るとすぐに、なんか変な看板がお出迎え!
たぶん名物ホワイトタイガーのキャラクターだとおもう!



ちなみに外に出るとすごいテーマパークのある駅前感なので、
迷うことはないかと思います。



シャトルバス乗る人以外は、とりあえず人波について歩けばOK!


って…それにしても…

あ、

あちい…!


まじ…広州すごい陽射しすぎるんですけどー!!

ちなみにここには他の大きなテーマパーク(プールとか遊園地とか)もあるのですが、
動物園はいちばん奥っぽい。


えっと…さっきから、歩いても歩いても着かないよ…?

まじ、何で一番奥に作るの…?
これも…レイソルサポに対する洗礼の一環なの…?(過剰な被害妄想)

わたしすごい荷物重いんだから優しくしてよねそのへんはー。
ほんともうー。


でもこの時点では朝ごはんもたくさん食べてきたし元気だったので、
おっしゃと気合いを入れて、歩き続けます。
ちなみに荷物軽くて気候が程よい日だったら、歩くのそんな気にならないレベルだと思います。
この日はどっちもアレだっただけです。気温も荷物もな。。!

いやーでもさーほんと!
パンダ!!
楽しみだよねパンダ!

パンダパンダーー!なんちゃって!(うるせー)

どうやら旅ブログなどで仕入れた情報によると、150元(約2400円)で入れるらしいし、
まぁそんなすごい安くはないけど、それでパンダ見てきましたよって話題作れるんなら
全然安いもんだっつーの!

そんな感じで、意気揚々というには若干暑い中へとへとになりながら、
入り口に到着します。

どれどれ、チケット表はあれかな?

ん?



な…

250元(約4000円)だと…!?


た、た、


たけぇーーーーーー!!!!


なにそのうわさに聞きし値段に、がっつり上乗せされまくってる感!


も、もしかしてこれ…ちゃんと調べてこなかったんだけど、
これが最近の(最新の)値段だというの…?!(たぶんそう)


うっ…!

この限られた両替しかしていない状態で(だって滞在3日だから)、
この100元の差は、非常に大きい。


ど、ど、ど、どうしようーー!
(※入るのを本気で躊躇している)


このとき、一瞬でわたしの脳内会議が始まります。


ハタメグミ1:「いや、ちょっとこれないって。まじないってー!
かかりすぎでしょ予定より100元上乗せは。帰ろうよ!
だってさ、100元あったら昨日の水煮魚3回食べられるじゃん。
ビッグダディの家におすそ分けしても残るって。まじで。高いってプラス100元は」


ハタメグミ2:「ちょっと!もう、何言ってんのおばか!
ここまで炎天下の中、鉛のような荷物を担いできたのに入口で引き返すとか、
どんだけばかなんだっつーの。板橋自慢のおばかさんかっつーの。
広州観光しないでどうすんの、入りなよー!100元くらいそのへんに落ちてるよきっと」


ハタメグミ1:「かーー!また適当なこと言ってるわホント!
100元は落ちてないから断じて落ちてないから。落ちてたら拾ってっからとっくに。
いやーほんと、熟考した方がいいと思うよ。100元。両替手数料も高いよ?
ホーチミン戻ったら2回飲みに行けるし、モルモットフード一ヶ月分買えるよ?」


ハタメグミ2:「うっせ!ケチは嫌われるっつーの!」


ハタメグミ1:「なにを!このやろ…」



ハタメグミ3:「…パンダーーー!!!」



ハタメグミ1.2:「…!!!???」


※というわけで脳内のハタメグミ3が理性的(?)なハタメグミ2名を一括して黙らせたため、
250元を払ってしっかり入場することになりました!


そう。広州に来てパンダを見ずに帰ったなんてね、わたしの名がすたるっつーの。
もともと別に轟いてないけど!すたっちゃうっつーの!

しっかり元は取ってやりますとも、なんたってパンダですからね。
ええい、見てろーー!白と黒のマリアージュこと!パンダめー!








ちなみにこれがチケットです。
これでもかというレベルにパンダ。

ちなみにサファリもあって1日じゃまわりきれないレベルらしいので、
お値段としては別に、高くはないんだと思われます。超広いらしい。
わたしのように夜に差し迫った用(試合など)があって、正味3時間くらいしかない人は
各自の判断でご参戦下さい。



中に入場したら早速パンダの看板が!期待も膨らむぜ…!



看板発見。
こっちに行けばいるらしいです。



暑いので水買いました。おしゃれウォーター。
ほんとおしゃれ。やたらおしゃれ。



ちなみに歩いてるとすでにいるんな動物がいます。
頭上にはいきなり南国っぽい鳥たちがいたり。魅惑のチキルームかっつーのねー!
(逃げないんだろうか…)



あ!ベガッ太さんだ!(違)
鳥使いのお兄ちゃんがなんかさわやかでした。



あるいてくと湖みたいなのもあったり。
ここは何がいるのかな?白鳥かな?アヒルさんかなー?



ひいいいい!すごい数の黒鳥が…!

最新版のアフラックか!!



聞こえる…声が聞こえる…

「病気になんてなった時考えればいいよ」
「あんた丈夫そうだし」
「備え?必要ないよ」
「ACL遠征ですっからかんになったってお金のことなんか全部終わってから苦しめばい


やめろ!耳元でささやくんじゃない!!

とくに4つめのやつ囁いた黒鳥出てこい!!

いかんいかんいかん幻聴に取り乱しすぎました。
アフラック様は大事なスポンサー様です!(どどん)


というわけで、そんなこと言ってるうちにも背中の鉛も存在感をアピールしてきたし、
パンダの前に力尽きたら大変なので、じゃんじゃん行ってみよー!



おや、ここは…ホワイトタイガーだ!
ええー。さりげないわー。



おもっきし尻。



ちなみに生肉をあげることもできます。
あげるというよりは投げる感じですね。あたりまえだけど。
手もってかれちゃうからねー!



フツーの虎もいるヨ!



小虎もキャッキャ!キャー!(すでに戦闘力高そう)



ちなみにこんなふうに、虎穴とかかれた謎の洞窟みたいのがありまして、
中に入ると…



わりと生まれたての虎児がいましたー!!
(リアル虎穴!!)

かっ…かわいいいいい…!!!

はー。癒される。。



いやーそれにしても、今日は暑いね…!

荷物どんどん重くなってくし…

パンダ見る前にほんと仏さんになってしまうのじゃないかしらこれ…(おおげさ)



なのでとりあえず生命維持のため、アイスを食べました。8元くらい。
(そういえばわたし最近ベトナムでも中国でも動物園でアイスしか食べてない…!
要は暑すぎるという話でした。)


でも看板に沿って歩いてるから、絶対着くよねパンダには!
大丈夫大丈夫!アイビリーブ広州香江野生動物世界!



■いきなりですが余談。

そうそう、あのですね、わたし広州行ってすごい思ったんですけど、
私服で、鮮烈な黄色を着る人が非常に多かったのですよ。

しかもマスタードイエローとか、クリーム色とか、そんなんじゃないのですよ。
今日は日立台で試合なのですか?というレベルの鮮烈さなのですよ。
なんならわたし、ユニ着てきても浮かないんじゃないかしら?って。
ほんと、空港も地下鉄も黄色だらけ!

とりあえずこの日だけでも、動物園に行く前の駅のとこでも、


ここ上がったら日立台があっても驚かないレベルに黄色だし、



これとか動物園内の広場なんですが、ここでもとりあえず黄色だし、



その広場の隣のところでも、もうみんな黄色…


…ってどうしたの広州の人たち!!


そんなにレイソルが好きなの!?

早く言ってよ!

なんならユニで来ればよかったよもうーー!!!!




…ぜぇぜぇ。

すいません。(意図的に)取り乱しました。

写真整理しててもじゃんじゃん黄色い人たちが出てくるので面白かったので、
なんとなく載せたかっただけです。ウフフ!


というわけで閑話休題!

ちなみにさっきの黄色いみんながいるこのカウンターは、



なんかの葉っぱを販売していまして、
(おじちゃんちょうばっさばさやってるパねぇー)

これは何かというと…



キリンの餌やりでした!近いねキリン!
(ここにもさっきと違う黄色い服の人が…!)


って、ちょっとちょっとまってー。

ちょっとまってーー。

キリンとか黄色い服とか黒鳥とか虎とかさておきさ、


さっきから超歩いてるんですけど、
全然パンダに辿りついてないんですけどーーー!!



疲れるし日記も無駄に長くなるし、いかんよ!いかん!
これはいかんやつですよ!

早く出てこいパン…



おっ…?!

これはもしや…

パ…



パンダエリア入口だーーー!!!!


というわけであまりに長くなったので続きます!
できれば今日中に。  すいませんたぶん明日!

【よんどめの!ACLたびにっき。】ホーチミンからの日本からの広州、試合前夜のこと。

みなさまこんばんは。ハタメグミです。
いやー、さっきからぼりぼり食べてるんだけど、このカレーせんべいおいしいね!
(文字で伝える限界)

というわけで、土曜はリーグ戦にひさびさに勝てて、もうずっとそわそわしながらも
速報見てまたガッツポーズしたところで、
いきなりですけど、今月頭の広州遠征記を始めるよー!

たとえ、こんなに時間がたっても。
今週末に、わたしたちの立つことのできなかった舞台、決勝戦が控えていようとも。
ACLへの思いはいまだに尽きぬのですよ!受け止めて!トゥナイト!



(いきなりものものしい看板!)

というわけで。
はじまりはそう。
アルシャバブを下し、レイソルのベスト4進出が決まったその日の夜中。


カチカチカチカチ…<●><●> ※クリック音


一心にモニターを見つめ、弾丸帰国&遠征の計画を練るわたしがおりました…
あ、いや、すいません語弊がありました。
練るっつーかもう、その瞬間に飛行機とっちゃってましたわー!
ウフフフ!

即決というより、脳が働く前に右手の筋肉運動のみで予約した感じです。

だってさ、考えてもみ、ベスト4だよー?
お金は後でちょう頑張れば何とかなるかもしれないけど、この試合は二度と来ないよ!
行く以外の選択肢は、近所のサイゴン河に流すっつーのね!

そんな感じで即押さえました、『弾丸(のようでそうでもない)日本帰国&広州遠征』の
旅程といたしましては、

■ACLの一戦め・日立台での試合の前の晩(9/24)に日本にもどる。

■9/25(水)に日立台で一戦めを見る。

■10/1(火)に広州行く。

■10/2(水)に広州で二戦めを見る。

■試合の次の日、10/3(木)に広州からベトナムもどる。

こんな感じです。
ちなみにホーチミン⇒成田、広州⇒ホーチミンのオープンジョーチケットなので
日本⇒広州間は別で片道航空券を買わねばなりません。

ここでしばし頭を悩ませます。

うーん、いきなり広州行ってもそんなにやることないしなー(都会なので)、
じゃあせっかくだし、香港から入っちゃおっかな?
なんかジャッキーごっこでも(ひとりで)、すればよくない?(ひとりで)
きゃっきゃ!そうしよう!(ひとりで)

…とか思ったんですけど、

香港さ…宿高すぎだっつーのね…。

わたしは基本的に東アジア&東南アジアへの一人旅で、
agodaで4000円を越えるホテルにはあまり泊まらないのですが、
(個室は絶対だけど、探せば2〜3000円台で普通の宿にちゃんと泊まれるので)

なんつーの…香港のその価格帯の安宿の、窓なし率はんぱねぇ…!
まじ、超追いつめられるんですけど。窓なしとか。精神的に。

しかもどの部屋もなんかの収容所みたいな狭さなんですけど…!

っつーか部屋の窓から香港の美しい摩天楼とか見下ろさないで、
そんな悪の巣窟みたいなホテル泊まってどうすんだよ!香港エンジョイしろよ!

というわけで、よし!と腹をくくってエンジョイしようと検索をかけた瞬間、
摩天楼を見下ろすホテルは全面的にお財布が拒否しましたので、
香港はやめて、おとなしく広州に向かうことにいたしましたのでした〜。

…導入部なげぇ!
とりあえずそんな感じです!

それじゃまたなんか、たった二泊なのにやたら長いと思いますが、しばしお付き合いくださいまー!
ちぇっけらー!
-----------------------------

■10/1(火)。

前の週の日立台で、ぼっこんぼっこんの【1-4】というスコアをたたき出され、
広州恒大に負けてしまったレイソル。

いやー、普通に考えてこのスコアひっくり返すのは無理でしょ。
こんなんまじ、ないないない。
さすがに広州で決まりだな。全くさ。

…と、そんなふうに『普通に考えて無理』と思う人はここにいないと思いました。

はーい!わたしはいまー!羽田空港にいまーす☆
わーいわーい!

…って、写真ないんですけどー!

(今回カメラの充電器をベトナムに置いてきたまま弾丸参戦してしまったため、
スマホカメラしかなかったのです。
スマホだと音出るのでどうしても撮るのに遠慮がちになってしまったというね…!
まじで…痛恨すぎるとはこのことですよ…。)

というわけでいつもほどは写真がないのですが、雰囲気は伝えていきますよー!
雰囲気はね!わたしのアレな文章と絵などで伝えますよー!(微妙)
あ、広州行ってからはそれなりに写真あるのでご安心ください。


空港で描いたらくがき。
中国行ったらTwitterとかない世界なので羽田でつぶやいてました。
みなさま、このときはいっぱい魂預けてくださって、本当にありがとうございましたー。えへへ。



機内食はなんつーか普通だったので、ビールの写真しかないです!
中国のビールは薄いのです。いくらでも飲めてしまうね。ウフフ。


ちなみに今回の便は北京経由だったので、朝出ても広州に着くのは17時とか。
わりと夕方です。
でも広州は都会と聞いていたので、そんなに心配もいらないかなーなどと思いつつ、
そんなことを考えているうちに!着きました!

広州白雲国際空港ですー!
すんごい都会の空港じゃん!なにこれー!

(※写真はありません。)



めっちゃ都会ーー!!

※重すぎるPC+ペンタブレット、ベトナム帰省用荷物をかかえてだったため
かろうじてとったのがメトロに向かう看板だけとか。。ほんとすいませんぎゃふん。

ちなみに空港⇒広州市内は広州地下鉄3号線で3〜40分くらい。
わたしはホテルを燕塘(Yantang)駅にとっていたので、その駅まで向かいます!



ちなみに空港の到着出口から地下鉄の乗り場までは、地下通路などを結構歩きます。
荷物が軽い人は気にならないレベルだと思うけど、鉛のような荷物を抱えていたわたしは
常に涙目でした。マスカラ落ち切ったっつーん!



やっと切符を買って乗り込みます!方面はこっち、体育西路方面。



ちなみに地下鉄の駅はめちゃくちゃきれいです。
わたしの地元・板橋区民の愛する(であろう)都営三田線の1000倍はきれいだよ!

2月に行った貴陽市は地下鉄もなかったしタクシーも乗り合いだったりしたので、
こういうところで広州の大都会さを感じます。

まーそんなこんなで電車に揺られ40分…
19時を回っていたのであたりはすっかり暗いですが、なんとか燕塘駅までたどり着き、
ホテルにチェックイン。

今回のホテルは駅の目の前なので、いやースムーズでよかったよかった〜。
部屋に入っていきなりピンポーン!ボランティアです!ニコッ!みたいなのもないしよかった〜。
なんたる平穏でしょう。

というわけで、






一日飛行機で移動してただけなのに、なんでこんなにおなかがすくの?ねえどうして?と思いつつ、
そこはもう、ローカル食を楽しむためさ!と自分を納得させつつ、買い出しに出かけます!

そんな感じでホテル周辺の、超絶ローカル民でにぎわう食堂でお持ち帰りをすることに。

でね、ここで思い出してほしいんですよ。
2月の上海で、お持ち帰りしたい!が言えなくて、1分ほどジェスチャーをし続けた負の歴史を。

そこで覚えた知識を今使わないでどうするのでしょう!
さぁ、みなさんご一緒に!

お持ち帰りは、


『打包(dǎ bāo)』


リピートアフターミー!


『打包(dǎ bāo)』


もうね、完璧。これで持ち帰り放題ですよ!ヒャホウ!

早速お店に入ります〜。



ごはん時なのもあって、かなりがやがやにぎやか。
にぎわってるお店で、入り口付近にいるおばちゃんをつかまえます。


わたし『あのー』

おばちゃん『どこでも座って!(と言っているふう)』

わたし『あ、ちがくて、えっと、ダー…

おばちゃん『打包?』

わたし『そうそうそうそうそうそうです!ダーパオ!』

おばちゃん『(うなずく)』


つ、つ、
通じた―――!!!!

やったー!
なんかもう軽く中国通の匂いがするよねいまのわたし!ハンパねぇ!
(※レベル低い)

いやー、うれしいな〜。
何食べよっかなー。奮発しちゃうぞ〜。


ちなみにメニューはこんなです。


(まさかのピンボケ)


あ、水煮魚(白身の魚を唐辛子や花椒と油入りの汁で煮込んだ四川料理)がある!
わたし水煮魚大好きなんだよね、わーい!それにしよう!
じゃあ一品てのも寂しいから、これと…
あ、カリフラワーの炒めたやつある!これも大好きなんだよねー!その2つできまりだわー!

そして指さしで頼むわたし。うなずくおばちゃん。


やばい…今回は何もかも順調…!


そしてしばし、出されたお茶を飲みつつ待ちます。
はらへったー!まだかなまだかなー♪

まだ…

あ、おじちゃんがこっち来る!
あの手にもってる料理がわたしのかな?


わた…






器でっけええええええええええええ!!!!!!!


おまちーじゃない!おまちーではない!
どうすんのそれ殿様に出すくらい量あるよどうすんの!!


しかもさっきせっかく打包通じたのに店員間の意思疎通が一切できてなくて全然打包になってない
…っていうその根本的なつっこみもさておき、


量が!!多いわ!!!


だ、だってこれ、メニュー的に38元(600円)とかなんだよ…?
そのお値段でこんな一族団らんみたいな量が出てくるとはまさか夢にも思うまいよ!

隣の卓をちらっと見たら、


わぁ…4人で食べてるなー…。水煮魚。


ってわたし押しも押されぬ一人旅なんですけど。

あまりの量に心の中で冷や汗をかきつつも、ひとまずここは…ええい!持ち帰らねば!
そこはおじちゃんに微笑んでアピールします。

わたし『(指さしつつ)打包!打包!』

おじちゃん『んあー?打包?』

わたし『そう!打包!オネガイシマス!』

おじちゃん『(うなづく)』

そうして打包を理解してくれたおじちゃんは、ラーメンのお持ち帰りとかをする深めの容器に、
おたまで水煮魚を詰めはじめてくれます。


容器1個め……満杯…


容器2個め………満杯…


えー…


さっきから入れても入れても全然入りきってないんですけど…!


すでにラーメン2杯分くらいの量なんですけど…!


あまりの量でおじちゃんも詰めるのがめんどくさくなったのか、
最後のほうはぎゅうぎゅうにおたまで押しながら詰めはじめ…って、ちょ、魚の身がほぐれるからやめて!わたしの大好物白身魚がほぐれちゃうから押さないで!頼みます!拜托了!

そうしてぎゅうぎゅうに押した結果、容器は丸3個になりました。

…どんだけだよ!


ちなみに記憶力のしっかりした方は覚えていると思いますが、
先ほどのわたしは調子に乗ってカリフラワーを炒めたやつも頼んでいまして、
これもまた大サービスの量だったため容器2個分くらいになったので、
もうほんと、ビックダディ一家で広州遠征かよってくらいの量ですよ。一人旅なのに。

しかもさらにおじちゃんが3人前くらいのご飯をつけてくれそうになったので、
さすがにこれは首をぶんぶん振って辞退しました。
家にご飯あるから大丈夫だわ〜みたいなジェスチャーで。ないけど。あるわけないけど。


…いやー。
なめてたね!
中国の食堂なめてたね!
量が多いのは非常に素晴らしいけど…どうすんのこれ!


というわけでこれが、


本日の戦利品です☆

この写真だとわかりづらいですが、



大きめの容器で5個分です☆

もうすんごい贅沢。広州の夜贅沢すぎ。
贅をつくしすぎてるわ!

ええいかまうものか!わたしお残しは嫌いなので、全部食べるにきまってるだろっつーの。

ふ、2日…かかるかもしれないけどね…!



ちなみに本日のアルコール。また近くのスーパーで紹興酒をゲットして、
ひとりでニヤニヤしていました。ニヤニヤ。ニヤ。



お食事中。料理どっちも、味はめっちゃくちゃおいしかったです!
近所にあったら通うレベル!やはり白身魚と麻辣の相性やばい…!

ちなみにありがたいことに、水煮魚は野菜が多い料理なのと、魚なので身じゃない部分も多いので、
見た目ほどの量はなかったのです。うおおありがたやありがたや〜。
(それでも次の日の朝ごはんにもがっつりまわりました。どんだけ。)


こうして初日にしっかり広州の洗礼をうけつつ(自業自得)、
ひとりほろ酔いのまま、試合前夜は更けていくのでした。。


⇒次は試合当日!
試合の前に動物園いってきた話とかに続く〜。

1

かいてるひと

プロフィール
イラストレーターのハタメグミです。よっぱらいです。
今日もまったり生きてます。

おしごとのこと

イラストかいたりまんがかいたりあれこれやってます。
■お仕事・ご連絡などはこちらから。
hatame301☆gmail.com
(☆を@に変えてくださいませ)
----------------------------
■がっつり更新滞り気味ですがリンクはフリーです。
ご自由にどうぞ!

さいきんのにっき

カテゴリー

いままでのにっき

あれこれ

▼ひとまずついったー。

コメント

  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    えむれ
  • 更新滞ってたのでおひさしぶりなのでおしらせとか!
    イッサ
  • 更新滞ってたのでおひさしぶりなのでおしらせとか!
    イッサ
  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    がんず
  • 全ての被災された方へ。いちサッカー好きより。
    おきの
  • 全ての被災された方へ。いちサッカー好きより。
    かげろう
  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    たけ@ vega
  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    みっちぃ
  • この震災、絵ができることがもしもあるならば。
    とと
  • 更新滞ってたのでおひさしぶりなのでおしらせとか!
    まどろみ友子

管理あれこれ。