【はじめての!ACLたびにっき。】わたし、日本にかえりますだ。遠征最後の日。

 
⇒ここまでのあれこれは、このへんからどうぞ。






最後の日。
飛行機が8時発とかなので、4時起きですよー!



レイソルのACLユニ(アウェイ)みたいな栄養ドリンクで目を覚ますぜ…!



支度しながらテレビつけてたら、サッカーニュースやってました。
どこかのチームのゆりかごパフォーマンスのところ。
とても楽しそうだったんだ…!


そのままホテルを5時に出て、タクシーで空港に向かいます〜。


タクシー乗って曲がったとこにあった和布かばん屋さん。
なぜか店名が【Ta-ku-ya】でした。字体がポップだねっと…!


ちなみに空港までは30分くらいなんですけど、
このとき乗っけてくれたタクシーの運転手さんが
めっちゃトヨタ大好きなひとで、

やっぱりトヨタが最高だよ!
バンコクのタクシーはみんなトヨタなんだぜ?

俺はもうトヨタしか考えられないんだ!
ホンダじゃだめだ!一番安全なのはトヨタだ!
ほら見てみなよ、あそこを走ってるタクシーもみんなトヨタさ!
きみは日本人だろ?やっぱトヨタの良さわかるよな!

…みたいに、ものっすごいトヨタへの愛をずーっと語りだしちゃって、
窓の外を見ながら旅の最後への思いにふけるとか、一切できませんでした

Romanticが、止まりまくり。
(は、話すの楽しかったからいいけどー…!)



んで、無事空港到着しましたー。


航空券受け取って、イミグレ並びます。

早朝なのにすんっごい混んでました。
さすがスワンナプーム…!



タクシー乗ったときは真っ暗だったのに、中に入るころにはすっかり朝です。
とうとう帰国だーよ。ちょっとセンチメンタル!

飛行機に乗りこんだら、日本行きなのに日本人があんま乗ってなくて
ちょっとびっくりしつつ、そのままスムーズに離陸いたしました〜。


ばいばい、バンコク!そしてブリーラム!
試合は勝てなかったけど、もうね、ほんと、最高に楽しかったようー!



これは機内食。
離陸しちゃったらもう、センチメンタルになる間もなく食べるのみ!ウヒョヒョ!



今回の旅、最後のビール。
なんか味わって飲みました。ごちそうさま!
(そして飲んですぐ爆睡しましたとさー…!)


で、気づいたら


成田到着ですー!

一週間の遠征旅行を終え、なんとか、無事に帰ってくることができました!
よかったよかった〜。

ちなみに成田着いたら雪降ってました(3月なのにね…)
温度差がいろいろやばかったです!ウフフ!

それにしても楽しい遠征だったー!ほんとうに!ちょう充実だった。
お疲れさまでしたー!




…さいごに!




じっくり読んでくれた人も流し読みの人も、
全部読んだ人も途中だけ読んだ人も、
ほんとうに、この遠征記に長らくお付き合いありがとうございました…!

なんか本当に長すぎだろってくらいずーっと書いてて、
もはや旅行いきなおしたくらいの気持ちですいま!

そしてほぼ自己満足です。すすすみません!

でもホームのブリーラム戦までに絶対完結させる!という個人的目標を達成できて、
本当にほっとしていますよ〜。

(これは、もはや勝利にむけてのわたしのとっての禊(みそぎ)…!
なのでここまでやったら明日は勝つしかないよね!ウフフフ…!<●> <●>)

今回の遠征は本当に本当に楽しくて、
レイソルを見に海外に行く!というのがなによりも不思議で、
それだけで普通の旅がさらに何割も増してワクワクしてですね、
うまく言葉にできないけれど、負けてしまったけど、とにかく最高だったのです。

なので、まずなによりも、わたしをこんなしあわせなアジア遠征に
連れて行ってくれたレイソルに、
今一度、ありがとうをいいたいのです!

それもこれも、レイソルの去年の頑張りがあったからこそ。
本当にうれしいし大好きだ!レイソルさいこう!

だから、この感謝は、今年のリーグやACLの応援で返していかなくちゃと
強く思いますのですよ!
がんばりますよー!


ではではここまで、





- ハタメグミ。


〜最後にちょっとだけ、おまけ。〜



読みにくいけど、ACL優勝って書きましたのですよ…!

帰りの機内食のオムレツに落書きしたやつです。
今でもこの強気さは忘れてませんことよー!

明日のホームのブリーラム戦、絶対勝って、その次も勝って、
絶対決勝トーナメントいくですよ!

気合入れて、やってやろうぜっ!


【はじめての!ACLたびにっき。】ヘイヘイ!バンコクに戻るのです。


⇒ここからの続きです〜。ウヒョヒョイ!






短い時間でしたが楽しい楽しいブリーラム滞在。
帰りの飛行機は明日なので、今日はバンコクに戻らねばなりません。

というわけで早起きしてしゅっぱっつ!



ちなみにこれがお部屋。
設備全体的に古いけど、けっこう広いのでしたー。



朝日が眩しいぜ…



昨日スタジアムまで乗っけてくれたおじちゃんたちが、
また駅のとこにいたのでターミナルまで載せてもらうことに!

ちなみにわたしを見るなり、昨日の夜のトゥクトゥクのおじちゃん並に
負けをからかってきたんだ…!ちくしょう…!
全然嬉しいっつーの!ウフフ!



そんでもってバイタクぶっとばして、バスターミナルついたー!



早いけど、けっこう人がいっぱいです。
レイソルサポさんも何人かいたよ〜。



時間があったので、朝ごはんを食べることにしました。



朝がゆです!
卵とモツ入り。

タイのお粥は最強においしいのですー!

(本当においしいので無駄に強調しておきます。行ったらぜひ…!
って強調してるの食べ物のことばっかだけど!)



あっというまに完食。
ごちそうさまでした〜。



おかゆやのおばちゃん。
帽子と真ん丸さがかわいい。にこにこ。



ブリーラムのバスターミナル周辺はこんな感じ。



で、無事にバスに乗って帰りまっす。
車窓から。どこだろうここ。

でもだいたいずっとこんな感じの景色が続きます。



ちなみに、バスに乗るとお水とかジュースとかケーキとかが配られるよー。
とても可愛い箱にぎっちり入ってました。
(箱写真撮り忘れた…!)


そして、席で隣になったタイ人の女の子に話しかけられ、
道中はその子といろいろ話しておりました。

その子はブリーラムに住んでいて、バンコクにいる友達に会いに行くのだそう。
お互いつたなすぎる英語で、あやふやな会話をするのが楽しかったです。
小柄で、すっごいかわいい子でした。ウヘッヘヘ!



途中、お昼時間になるとサービスエリア的なところに止まります。
チケットにご飯のクーポンみたいなのがつくので、おもうさま食べに降ります。

朝にどんぶりいっぱいおかゆを食べても余裕だぜ!
俺の胃袋が火を噴くぜ!フフフ!
(誰に言っているのでしょう)



こざっぱりとしたガパオ的なごはん。
けっこうおいしかったですよー!

ちなみにさっきの、バスの席が隣だったタイ人の女の子は、
すごい細くて小柄な子なのに、
このクーポンでもらえるご飯のほかに
牛肉の汁ビーフンみたいなのも別で購入して2皿並べてすごい速さで食べてて、
なんつーか、わたし途中からギャル曽根を見つめるような目になってました。

胃袋が火を噴いたのは…彼女のほうだったッ…!
(言いたかっただけ)



このサービスエリアには野犬がすごい多かったです。
なんか誰も気にしてないけど。ちょううろうろしている。



■ここでちょっと休憩☆
痛いバスについてのはなし!



タイで道路を走ってるとですね、いつもふっと目に入ってくるものがあります。


それは、



ものすごい原色のスプレーアートの施された痛いバスです!



【拡大】

…おおおお…!

昨日のレイソルの選手バスも異次元でしたが、
似たようなものとびゅんびゅんすれ違うって言うのもね、
ほんとね、どうかと思うよ!



痛いバスが2台連なってるとかももはや余裕だし!



遊戯王がどうかしちゃったみたいな絵が
ほどこされたのも見つけちゃったしー!



すれ違いざまでブレてますが、
もうほんとね、
こんな原色の王家の紋章はいやだ!
みたいなのもね、余裕でありますしね!

(っていうかこれホントに王家の紋章なんだろうか…!ざわ…ざわ…)



何が元ネタかわかりませんが、こんなバスと頻繁にすれ違うとか
もはや悪夢です。



…しかも、この痛いバスを撮るためだけにずっと外にカメラむけてて、
首がものっそい疲れました。

そんな…帰路でしたとさ…!
(いいのかこんなんで)



そうこうしてたら、バンコクに着きましたー!
行きに乗ったモーチット・マイです。


ターミナルの建物に行くために、誰かが引きちぎったような
金網を越えるとか斬新。。






まずターミナルで少しだけ両替して、そのままタクシーでチットロム駅を目指します!

ブリーラムにはバイタクかトゥクトゥクしかありませんでしたが、
バンコクはどこでもそれはもうタクシーだらけ。タクシーまみれ!
乗るのもとてもスムーズ。

今夜は、チットロム駅の真ん前のホテルに泊まります。
一人なのでナイトライフを満喫するわけでもないので、
帰り空港に行くための便利さなどを考慮して決めてみたですよ!



ホテルの前のにゃんこー。
こっちなかなか向いてくれませんでした。
気高いぜ…!



お部屋フゥー。
今までで一番広くて設備がよかったです。
(一泊だけどこの後散らかし放題でした!)


さてさて、明日帰っちゃうのでお土産と、夜ご飯の買い出しに行きますよー!


夕方っぽいバンコクー。


ちなみにこれ、


ホテルの向かいのショッピングセンターみたいなのの前にですね、
和田アキ子のマスコットみたいなのがありましてー…!



あの頃は…ハーッ!


(……………………。)


(なんだろうこれホント!)



サイアムのあたり。
どんどん混んできます。



上から見ても、通路に露店でまくりです。
人が通るのも危ういくらいでています。



そこで、ソーセージげとー!
レッドカレーソーセージって感じでめっちゃおいしかったヨー!
おかわりしたい!



これは、おお、日本風のお茶の広告かしら…?

と思ってよく見たら、プラムジュースって書いてあった。
ぎゃっふん!

(なんでこのデザインでジュースなんだ。。)



さてさて、さらにどんどこ歩きます。


空がきれーい。

どうやら歩いてたらナショナルスタジアム駅の方まで来ていたみたいなので、
そこのスーパーでお土産を買うことに。

わたしのお土産はいつもスーパーで買えるお菓子です!ウフフ!
お手軽だし、ローカル色が出てて評判も良いしなによりです。


買ったのはこれじゃないけど、面白かったので。
さりみ!


さりみってなんだろう!


お土産を買った後は、この遠征でひたすらに歩き続けた足をいたわるために
道端の手頃なお店でフットマッサージをしてもらったりしました。
ウヒヒヒ…極楽ですだ〜。



ここで夕飯お買い上げ!
ガパオとイカの炒め物を注文したよー。


シンハー飲んで待ちます!
(写真撮るなら袋から出せばいいのに…何だろうこの写真)


いろいろゆるやかにゲットしたので、そのままホテルもどるですよー!
最後のバンコクの夜は、とてものんびりでした。


戻ってきたら、さっきの和田さんオブジェはちょっと暗がりの中に
たたずんでいました…


ちなみに、タイにある変な日本語商品をいつも目の端で追ってしまうのですが、
今回わたしがバンコクで見つけて、いちばんじわじわきたのはコレ。



えっと…




【チャクザ】


……?!



…なにこれ…!


もしかして、お茶+ヤクザってことなのこのネーミング…?
どうなの…?



でね、これ、気になりすぎて帰ってきて調べたんですけど、

タイの緑茶飲料大手「OISHI」、炭酸入り緑茶「チャクザ」発売

>缶のパッケージデザインに日本風の漫画が描かれた同商品には、
「茶」と「ヤクザ」、ソーダを意味する「ザー」を組み合わせた
ユニークな商品名を採用。


ほんとにお茶+ヤクザってことでした!

ぎゃっふん!
(ああなんだろうこの気持ち!どうしたらいいんだ…!)




さて、無事ホテル戻ってきましたよー。

そこでさっき買った、


晩ごはん、いただきまーす!

超ウマーーー!やばい!
ウマーーー!

最後の夜なので絶叫しておきます!ウマーーー!



ビールもうひっひひ。
キミ、おいしうぃーねー!
(すでに酔っぱらい)


最後の夜も思うさまはっちゃけて、ホテルであれこれ踊ったりしてました。
やっぱ旅先のホテルライフはいいね!ウフフフ!

帰るのちょっとセンチメンタルだけど。それでも楽しいね!



⇒というわけで、明日で日本に帰ります&ACL遠征の総括!
長らくほんと続きまくりでごめんなさい、やっと終わりますよ〜。ウヒヒヒ。

【はじめての!ACLたびにっき。】ブリーラム戦のこととか試合のあとのあれこれ。


⇒試合前までのことはここでー!






えっと、で、予告した通り(?)、試合詳細はごにょごにょ…省きます!
負けたからではありません!

理由はひとえに、記憶がすでにあやふやなのでメモに頼ろうとしたら、
現地でとってきたメモが意味わかんなかったから
です!

---------
メモ一部抜粋:

『タイでもニーヤン怒ってる!
『TJげんき!』
---------
(ホントにこんなことしかメモに書いてないんだよ…熱風でやられすぎだ…!)

まあ試合の話をちゃんとしたこととか今までもないようなにわかブログなので、
誰もわたしにそこは求めていない気がするので、
そんな感じでよろしくお願いいたします!



というわけで、試合後の写真。

結果は残念ながら、3-2での負け。
⇒(ブリーラム-レイソル・試合詳細)

2-0から2-2にしたときはすっごく、行けるぞーって感じだったので、
そのぶん本当に悔しかったです。

でも、なにより、わたしをここまで連れてきてくれたのはレイソル!
こうしてACLの舞台に立っていることが、心から誇らしい。

初戦負けたってここから勝てばいいのだ!と、熱い気持ちになりました。


そして試合後、ブリーラムの応援席からはレイソルコール。
おうおうおう。。



挨拶に来る選手たち。
ぴかぴかのACLユニホームが眩しいですよ!かっこいいよー!



そして試合後、コンコースに降りて水を補給…!

試合前からほぼ密造酒かき氷のシロップ味のジュースくらいしか飲んでおらず、
のどがカラカラだったので、この世のものとは思えないくらいおいしかったです…!


外に出ると、案の定ブリーラムサポさんからの怒涛の記念写真攻めでした。
みんなご機嫌だからかすごい勢い。前のめりすぎ。
観光地の置物気分再び!


笑顔作りすぎて顔が引きつりました。

そしてユニ脱いだらその後は誰にも写真求められませんでした。ぎゃふーん。
レイソルユニのチカラ恐るべし…!

でもいい思い出になりましたよーう。ウフフ!



試合後のスタジアム前に移動ー。

ちなみにね、


↑この真ん中の二階建てバスね、レイソルの選手バスですから。
どこのデコトラだ!



近づくとやばい…!



サイドはさらにやばい!
ライトの色味がやばすぎる。



こんなデコトラのようなすごい色のライトが輝くバスの中で、
選手が普通に音楽とか聴いてるの見えて、なんかこう、ホント
異国ー!
って思いました。



スタジアムには、金満とってもお金持ちだという、ブリーラム会長のお写真(たぶん)が、
額縁に入れて飾ってありました。
もう、写真の扱いが国王並み!



ここは記者会見場。
この奥でネルが記者会見をしています。



選手でてきたとこです〜。

ぶちこんーでじゅんやー!!
(ピンボケ)



エーキセントリック!まっさっとー!
(ピンボケ)


…大事な写真が全部ピンボケでした!




そんな感じでうだうだとうろうろしていたら、
いまブリーラムに所属している、元ジュビロの本田慎之介選手を発見!

なぜかお弁当を持ってうろうろしていたので、むりやり呼び止めてみましたー。
(背が高いので、タイの人たちの間にいるととても目立っていたのですよ…!)



記念に一枚パチリー!
りりしいですよ!

暑いの慣れましたかー?と聞いたら、全然慣れないっす、暑すぎで無理っすー、
といっていました〜。

あと、ブリーラムは調子に乗らせるとああいう感じで強いんですよー、
でも内容的にはレイソルに完敗だったなーって僕は思いましたけどね〜。とかも。
(レイソル応援にわざわざ日本から来たわたしに気を遣ってくれたのかもですが…!)

なんかいろいろ雑談できてうれしかったです。
とてもお元気そうでありましたよー!
異国でがんばる日本人選手に会えるのは、すごく嬉しいことだなと思いました。

本田選手、がんばってくださいませー!



で、ブリーラム駅まで行く帰りのトゥクトゥク。
現地で遭遇したおにぎりさんと相乗り〜。

ちなみに運転手のおっちゃんが、

「ハハッハー!ブリーラム、3!
イープン(日本のこと)、2!ハハハハ!」

ってずっとわたしたちに言いながら笑ってたですよ。

む、むきーッ!
悔しいいい…!

…とか言いつつ、わたしも楽しくゲラゲラ笑ってましたけれど。
負け試合とはいえ、異国でいじられるのは楽しいですよね!ドM!



その運転手さん(右)と、駅前にいた仲間のひと。
カメラ向けるとみんなニコニコで写ってくれるのでうれしいです。


で、駅前に出たのですが、もうだいぶ暗いのですよー。

しかもね、ブリーラム駅前なんですけど、
ほんと、お店とかほとんどないんですよね…!


ちなみに暗さレベルは


このくらい。
(この看板はACLの試合予告。いろんなとこに出ててかっこよかった!)


ブリーラム駅前に出たのが21時くらいで、
おにぎりさんの電車が22時半発とかだったので、
じゃー軽くご飯でも食べていきますかーということで、どこかお店に入ることに。

その中で、ポツンポツンと何件かやってるお店のうちの
最初に目についたところに入ってみることにしましたのです。


それがここ。


この写真は出る直前でしたが、入った時は結構にぎわっていてわいわいでした。
ちなみに店内90%が試合帰りのブリーラムサポですよ!


で、また思い出してほしいんですけど、
今日って、例の禁酒日じゃないですか。

飲食店でも、お酒は出てこないよって何度も何度も
言われてたわけじゃないですか。今日は。

で、それを脳にしみこませて、
無謀に密造酒を作ったりしてきたわけじゃないですか。

なので、そっか夜ご飯もノンアルコールか〜なんて思いながら、
席についてみたんですけど、




あれー、どうやらビール飲んでるね自分ー!

※なんか普通にみんな飲んでたので、頼んでみたらあっさりと出てきました。

もうさ、

言いたくないけどさ、



激マズ密造酒まで作ったわたしの苦労を
返してください!<●><
>


…いや、もういいや、返してくれなくていい!
ビールが今ここにあればもうそれでいい!

まじ美味しい!
うれしい!たのしい!大好きー!(※錯乱中)



ごはんあれこれ。
適当に指さしたら出てきたやつです。どれもおいしい!



んでね、おにぎりさんと、今日の試合がどーのこーの、
ここまでどうやって来たんですかだの、あれこれ話してたんですけど、

そのときね、店内から外の道路が見える席にわたしは座ってたんですよね。

で、暗い外の道路を眺めつつそんな感じで話してたら、いきなりこう、
その道路をね、




象が、散歩してましてーーー!

それはもう、ものすごくナチュラルに!


『ぎゃーー!!!象ォォォオオオオ!!!!』



とわたしが叫んだら、おにぎりさんも振り向いて、



『え?

…ああああ象だーーーー!!!


まじ…ツイッターでつぶやきてぇーー!』(現代人発言)


と、同様に衝撃を受けましてですね、
おわあああああ!とその象にかけよってみたら、


なんかもうね、こんな感じで、
犬の散歩中に偶然誰かにつかまった人のようなナチュラルさ
象使いの人にリアクションされまして、

そこでやっとエサのサトウキビ20バーツね、2人なんで2個ね!と
思い出したかのように商売してくるという…斬新さ…!

(ふつうさ、象って観光客いるとこに顔出して自ら営業したりすんじゃないの…?)

(うちらいるとこはブリーラムとして比較的頑張りどころの繁華街のような気がするんだけど、
なぜそんなにナチュラルなのですかー…!)



ちなみにこれがその、象です。(右のがその象使いのひと)

日本人2人、大興奮。そして写真ブレすぎ。

ちなみに左の青い服着てる人ね、店の外の席でご飯食べてた人なんですけど、
「象見たくらいで興奮しちゃって、初々しいねェ〜ククク…」
みたいな、ものすごいドヤァァァな顔で写っているのがとても好きです。


いや、なんつーかさ、ベトナムでも何頭も象は見たし、
バンコクでも観光向けに象がいるっつーのは知ってるし、

でもなんつーのかな、薄暗いあんまり人の通ってない夜の街中を、
ツッコミも待たずに犬の散歩みたいに象が歩いてるのは、

これをカルチャーショックと言わずに、
なんといえばいいのでしょうか!

(ドドン!)




で、そんな感じで象に絡みまくり、
その象がまたナチュラルに去った後、注文したトムヤムクン。
ものっっっすごい辛かったです。



店内でやってたテレビ。
わー!今日の試合のハイライトだー!
負けたけど見るー!



大谷キャプテン、タイのテレビデビュー!

ひゃっほーう!試合の静止写真だけど!
テンションあがるわーーー!



そんな感じでうだうだしてたら、電車の時間も近づいてきたのでお店を出て、
おにぎりさんとはそのままブリーラム駅でお別れ。

おつかれさまでしたー!


で、わたしは駅の反対側のホテルに戻ります。

うっ…


道が…暗い…っ!


ちなみに昼間あった駅前の祠ですが、


ものすごい神々しいライトアップがされてました。

近づいて写真撮ろう!と思ったんですけど、
なぜか夜になると目つきの鋭い野犬が多くて、
ロックオンされたら逃げ切れない感じがしたので、
遠巻きでガマンしましたよ…!


そのままほろ酔いでホテルに戻って、うだうだと日記とか書きつつ、
はじめてのACLの試合の夜は更けていくのでした…。


⇒明日はバンコクに戻ります。
というわけで続くー!

【はじめての!ACLたびにっき。】ブリーラム戦の、試合前のこととか。

 
⇒ここまでの話はこちら〜。


さてここが、ブリーラム・ユナイテッドのホームスタジアム、
サンダー・キャッスル・スタジアムです!


どでーん!正面!

…ゴー☆ジャス!


ブリーラムカラーでお城みたいなデザインですごいきれい。
収容人数は24,000だそうですよ〜。



横から見たとこ。

おお…この感じは…


そうこれは…
なんとなくベアスタっぽいんだー!
(このあと会ったおにぎりさんもそんなこと言ってましたギャフー)



これは正面のとこにある、グッズのメガストア。
メガストアとは書いてあるけど、中はけっこうこじんまりしてました。

中でライターの鈴木潤さんに会いました。
異国なのにふつうにいろんなひとに会うね!さすが試合!



ディスプレイはこんなんです。

この、ディスプレイのマネキンのヘアバンドの位置が、


こんな感じだなと思いました。
…それだけです!



メガストアのとこ、中から外を見るとブルーのガラスがすごいきれい〜。



着いたのが試合開始2時間以上前だったので、
日陰ではみんなうだうだ開門待ってました。
(この写真なんかすきー)

奥の赤いテントはYANMARのブースで、めっちゃ農業に使うみたいな車の
デモンストレーションしてた。
斬・新!


和太鼓の演奏もやってたよ〜。



そしてこれは、ブリーラムサポに向けたACL遠征の募集ポスター。
おおお!と思って、よく見てみると…



【その 杞州恒大戦。

ハイライト・グァンジョウ…



【その◆杼緩霧渋綫錙

カラフル・コリア…



【その】レイソル戦。

ビューティフル・ジャパン…!


各国に付いたキャプションがいまいちわかるようなわからないような感じですが、
でもなんかいい感じ。

観光地写真に交じって、イチゴ狩りみたいな写真もあってかわいい。
(小さくてて見えないけど!)
海外からくるひとに、イチゴ狩り人気なんでしょうか。

ちなみにお値段は、日本行きでグンと上がります。
そもそも海外遠征そのものが、タイ物価から考えたら
人によってはけっこうハードル高そうです。

でも日立台でのホーム試合、ひとりでも多くの人がきてくれるといいなぁ。



そしてこれはオレンジジュース…


…って思った?

思っちゃった?


違います。


そうですこれは、


密造酒です!
(懲りてねぇえええええぇぇ)



さっきの激マズケミストリーを飲んで、

「もしや…コーラだから相性悪くてマズかったのかも?
もしかしたら、フルーツジュースとかだったら平気なんじゃね…?」

って思って、ホテルの部屋で仕込んできましたのです!
ちょうリベンジ!異常な執着!


では、あらためていただきます〜。
美しきサンダーキャッスルスタジアムとレイソルに乾杯!!!

……


ゴクゴク…


おっ…?!




これは…!!!










マズーーーーーーー!!!!!!


全然ダメでした。
ダメすぎるにもほどがある。

(あああ…また飲み込みにくいものを密造してしまった…!)



ちなみにこのスタジアムには、食べ物や飲み物を買うところがほとんどありません。
なので、ご飯は食べてから行くのがいいと思います〜。

でもスタジアム裏にぐるっとまわって、駐車場の入口のところにいくと…


軽食屋台があったー!
わーーい!さすがタイ!

ソーセージとか魚のすり身あげとかを売ってます。
飲み物もあるよ!


わたしが串をいくつか買った屋台にて。
おばちゃんめっちゃ素敵笑顔!

すり身揚げにはチリソースもついててすごい美味しかったです〜。
きゅうりもついてきたよ。



これはそのあと、飲み物を買った屋台の女の子たち。
写真いい?って言ったらすっごいはにかんで写ってくれたです。
かわいいいいい!みんなほんとかわいい!


で、そこでゲットした飲みものがコレ、


【ビーバー味宝】
さっぱり意味がわかりません!

ちなみに味は、かき氷のイチゴシロップをそのまま飲んでいるような味でした。
飲み物を飲んでいるのに喉が渇くという…不思議…!



そしてそんなかんじでうろうろしていると、ブリーラムサポさんに
声をかけられまくります。

日本から来たアウェーサポめずらしい!記念撮影したい!みたいな感じで、
(とくにわたしは一人でボサッとうろうろしてたので声がかけやすかったらしく)
一緒に写って!とひたすらカメラ攻め。

いやー、タイの人は明るいねー!
つーか記念撮影好きすぎだよね!

レイソルのユニを着てるだけであまりにカメラを向けられるので、
わたし、観光地の置物になった気分でした。
もういっそ、そのへんの銅像にユニ着せてタオマフ巻いても、
そっちにカメラ向けるんじゃなかろうか。

でもそんな感じだったので、わたしも声かけるのに躊躇がなくなり、
気になる人には「わたしも写真とらせて!」っつって声かけまくって、
写真いっぱいとりました〜。

そこで撮らせてくれたサポさんたちを何人か載せます。

もーね、ワールドカップの時みたいだったよ!
たのしかった!!



ちょう明るくて笑顔はじける三人組サポさん!
全員ポーズが決まってるぜー!



そしてこっちはおかまちゃん2人組!
身に着けてるウィッグもタイツも全部、ブリーラムに関わる色しか使ってないのが
いいよね〜。



ブリーラムマン!!
かっこいい。
普通に歩いてる。クオリティ高い!



そしてこのお二人は、わたしが密造酒を飲んでマズー!とかひとりで言ってるときに
にこにこ声をかけてくれた、掃除のおばあちゃん。
すっごいやさしくて、うろうろしてたら二回も会ったので、固い握手をしてきました!

なにがすごいってね、おばちゃんたちは掃除のお仕事で来てるので、
たぶん試合を見に来てるわけじゃないんだけど、
それでもちゃんと、ユニきてるとこです。


写真いっぱい撮って、ブリーラムに住んでいる人たちにとっての
ブリーラムユナイテッドという存在が、
すごく大きくて明るくて楽しいものなんだなーというのがいろいろわかって、
非常に楽しい試合前でした〜。


ちなみに、


テセみたいな少年にも会いました!

この子は現地に住んでる日本人の子みたいで、
写真撮ってもいい?って聞いたら、すごいのんびりしたしゃべり方で
「えぇ〜まぁ〜よくないこともないですけどぉ〜」って言ってた。
かわいい…!


ちなみに異国の地とはいえ知ってる人たちにも会いまくり、
なんかもう普通の試合前だコレは!って思うくらいに会って、
なんか、スタンド使いは引かれ合うッ…!みたいな気持ちになりました。



ここがアウェーサポの入り口!



チケットだよー!
さすがACL!ゴー☆ジャス!



あっちはホーム側なので行けません〜。

そしてなぜかこのスタジアムは、席でお水が飲めません
なので、定期的にのコンコースに降りてきて、みんな給水してました。
30℃くらいあるんだけど、まじすごいルールがあったもんだぜ…!



そしてここがピッチ!
きれーーい!
席の感じも素敵じゃ―!



あっちには行けません・その2。
アウェー席近くのホームエリア。



モニターは、試合前なので0-0。
そう、試合前だからね…!ざわ…ざわ…



メインスタンド。
傾斜があって見やすそうです。



バクスタ。
ブリーラムサポの応援席はバクスタにあるのです。
試合前からちょう楽しそう!



おっ、レイソル練習出てきたよー!



ノースリーブジョルジ!
(さてどれでしょう)



入道雲がきれい…ウフフ…
なんせ暑いもんね…!



そうこうしてたら、試合が始まります!
(ピンボケですいません)



バクスタも、試合始まるぞーって感じですよーウフフフ!



レイソル応援席。
一番上にいました。すごく見やすかったです。


さて、とうとうキックオフ!
レイソル、はじめてのACLだよーー!
わああああああああ!

(もはやテンションおかしい)



⇒えっと、たぶん試合の内容的な話はほとんどできないかもですが、
試合のはなしと試合後のはなし、につづくー!

【はじめての!ACLたびにっき。】今日はとうとうブリーラムにいくんですってばー!


⇒タイに着くまでの話はこちら。



 
さて、空港そばのホテルでほぼ仮眠のような睡眠をとり、
5時出で目指すはバンコクの北バスターミナル(モーチット・マイ)!
タイの東北部などへの長距離バスがとにかくいっぱい出てる
大きなバスターミナルです。

(※似た名前のターミナルにモーチットという場所があるので、間違えないように注意ですだー。
モーチットは、むかしパタヤにいくときに使いました確か。超あやふや!)


で、早朝なのでホテルにタクシーを呼んだのですが
すっごい愛想のいいすてきなおじちゃんのタクシーがきてくれまして、
よかったよかったウフフ!とかって思ってたんですけど、

タクシー乗った瞬間にね、なんつーのかな、

クーラーがほんともう異常にききすぎてて、
頭痛くなるくらいききすぎてて、

でもまぁそれはタイあるあるだからいいとしてもですね、

なんつーかそれよりね、
車内にね、


ものっすごいグリーンカレーペーストの

においが充満
しちゃってるんですよね…!


あくまでカレーじゃなくて元のペーストのほうね。
な…なぜなの…?

あたしが乗ったの、タクシーじゃなくてキッチンだったかしら?
彼は運転手さんじゃなくてシェフなの?
どうなの?


みたいにね、どうでもいいことが頭をかけめぐって、

乗った瞬間には早朝だしちょっと寝ぼけてたんですけど、
寒さとグリーンカレー臭で、完全に目が覚めました。
覚めざるを得ない。覚めきった。

で、そんなエスニックなタクシーでしたが、空港近くから30分ぐらいで
モーチット・マイに到着。
500バーツくらいと聞いていたのですが、300バーツちょいで行けました。ひゃほう!


んでわたし、そのエスニックタクシーを降り際にね、
会計するついでにふとおじちゃんの席のとこ見たんですけど、

空いてる助手席のとこにね、まさかの
グリーンカレー味スナックとかピーナッツ
みたいなのが
山のように置いてあって、

しかもおじちゃん、会計しながらもヒョイヒョイつまんじゃってて、


…に…においの正体はお前かーーーー!

(※そのスナックに対しての叫び)



(でも、おじちゃんいい人だったので満足ですよー!ほんとに!
ただ降りてもしばらく服がペーストくさかったけど!まじどんだけだ…!)



で、ここがモーチット・マイです!


タクシー降りたとこはこんな感じ。
さすが朝でも人がいっぱいです。


チケット売り場の前の待合所。

ここで初めて、レイソルのタオマフもってる人とすれ違って、おおお…!となりました。
どきどき。小心者!


チケット売り場。
タイ語読めなくても、手当たり次第カウンターで行きたい地名いえば
あっちで売ってるよとかここで買えるとか教えてくれます。


朝の7:40発のバスの席をぶじにゲット!
290バーツでした。1000円しないくらい。


無事チケット買ったので、このビビりでヘタレなわたしとしても
ブリーラムに行くことに関してはひとつ山を越えたので、一安心ですよ…!

というわけで、安心したら朝ごはん食べてないことに気づいたので、
食を求め食堂へいくことに。

食堂でクーポン買って、おいしいそうなの指さして、ごはんげっとん!
ウヘヘ…


いっただきまーーす!


………


辛ァアアアアァァァアアアアーー!

この写真にのってる赤い唐辛子をかけまくったのは自分ですが、
そもそもこのたけのこの煮たやつのそのものの味がすごい!超絶辛い!

寝不足で早朝からこんな辛い物食べたら腸が活性化してしまいそうだ!辛い!
どうしよう!辛い!
さっきから辛いしか言ってない!

…辛い!!


この辛さでとても、ああタイ来たんだわーって実感しました〜。
(前の日まで食べてたベトナム料理は、あまり辛くないのでなおさら。)

でも辛いの大好きなのでしあわせでしたよ!ウフフ!
(おかげで汗でファンデーション的なものはすべて落ちましたがギャアア)



そろそろ、日が昇ってくるよー。
きれいだね…ウフフ…


バス乗るまえにトイレでもいっとくかーっつって、
入口で使用料5バーツ払って、ティッシュをもらったんですけど、
なぜかリラックマさんでした。


バスのりばきたーイエー!
バス多くて迷いそう!

なんとかブリーラム行きのバスを見つけて乗り込みます。
スムーズスムーズ!

ちなみに、出発時間になっても乗客が全員揃わないせいか、
ぜんぜん発車しませんでした。

その間、車内ではタイの演歌みたいなのがものっそい大音量で流れてました。
わたしのiPod、大きくしても演歌に完全に負けてた。

…やっぱり自由…だぜ…!



シートのテーブルがすげー瀕死の状態…!
ナナメだし取れそうですよ。。


ちなみに、このウエハースとお水は乗った人がもらえるやつでした〜。

(発車する前に一瞬で完食しました!)
(だってなかなか発車しないし演歌うるさいし…!)

ちなみにブリーラムまでは6時間+αと聞いていたので、
発車したのが8時ちょいだったため、着くのは14時過ぎくらいな予感。

ひたすらぶいぶいと進みます!


こんな感じのとこを通ったり。

でもほぼ、道路沿いは何もない草ばっかのとこだったりです。
ずっと音楽聴いたり寝たりしてました。6時間は長いよー!


途中サービスエリアみたいなところでトイレ休憩があります。
トイレもご飯も安心です。
けっこう大きなとこに止まりましたが、場所はぜんぜんわかんなかったです。

んでトイレ行って、
コンビニ見てうろうろしたりして、

そこのコンビニで見つけたお菓子がまた


【おざ】

……。

(おざだけど、ローマ字表記はなぜかMOOZA…!)

でもこの変な日本語の菓子見ると、タイきた―!ってかんじだよね!
ウフフフ!


あと、コンビニ近くに置いてあったぶたさんのベンチが
とてもかわいかったのですが、


一人で座る勇気は…出ませんでした…。






で、いきなりなんですけど、ここでわたし、
ひとつ言いたいことがあるんですよね…!

この試合の日、2012年3月7日のタイは、仏教の祝日(万仏節)で、
なんとお酒の販売が禁止されている日だったのです。

もーね、行く前からこれは知ってたんですけど、

ちょっとまて、と。

それはどうよと。
どうなのよと。

異国の地でアルコールなしで、果たしてスキップできるの、わたし?

旅行って外国でほろ酔いでワッショイなんか楽しいなウフフっていうのが
一番の楽しみなんじゃないの?

どうなの?

まあね、5000万歩くらい譲って、最悪昼間は飲めなくてもいいけど、
試合後の夜ごはんのときとか、ホテルついてひとりで
ノンアルコールなんて耐えられない!
しぬ!


…というわけでー!


まぁね、郷に入りては郷に従えっていうのが通説なので、
今日のタイでは無駄に悪あがきはしません。

ですが、すでに郷に入るまえ、そう、昨日のホーチミンの空港でゲットしておいた
秘密兵器を出すことにしました。


それがこれです、





ベトナムのお米の焼酎ー!
(まさかの40度!)


もうね、これさえあれば、そのへんで買ったジュースとかと混ぜただけで
ウォッカ割り的な感じでカクテルができちゃうわけでしょ?

なんたる頭の良さ!
というか自分のアルコールへの執着が恐ろしい!


というわけで、そのSAで止まっている間ひまだったので、
早めにバスに戻って、コンビニで買ったコーラを用いてですね、



密造酒(?)を作りました!

(作り方⇒このペットボトルの中にそのベトナムの焼酎を適当に入れるだけ)

暑いのにビールの飲めない辛さを、
このセルフカクテルにぶつけてみましたよー!ウヒャヒャヒャ!
(まだ11時とかですけど!)

でも人からはコーラ飲んでいるようにしか見えないしね…ウフフフフ…

よーし、ひとり、かんぱーい!
いただきまーす!

ゴクッ…


ウフフフフ…フフフ…



フフ…







な に こ れ

激 マ ズ い ! ! ! !

ほんとうにマズい!!!!

どうしよう…マズい!!


…とにかくマズい!!!!!


敗因:
ベトナムのお米の焼酎は、まーなんというか泡盛のような
すこしクセのある強い香り
がします。
なのでロックや水割りで深い味わいを楽しむものだったようです。
味の感じとしては、クセのある泡盛の古酒をコーラで割った
思ってもらえればいいと思います!

ほんとうにマズい!
最高によくないケミストリーがいま…ここに…!

アルコール大好きなわたしでもまじきびしい味でした。
どんだけ…なんだっ…!

でも、ここでくじけるのは負けのような気がして、飲みましたよ。
すげーちょっとずつだけど。

これ、同じベトナムの焼酎でも、ネップモイというもち米の焼酎だと
甘いのとすっごい合うので、たぶんいい感じだったと思うんだよ。。!
あああ悔しい!わたしのバカ!
(床を叩きながら)


と、そんなこんなしてたら、予想以上に道がすいていたのか、
14時ちょい前にはブリーラムのバスターミナルに着きましたー!

密造酒のせいで無駄にほろ酔いだけど!
ひゃほう!






やったー!着いた―!
とても素朴なバスターミナルだー!

(…といいつつてんぱってて写真撮ってませんでしたすいません。。)



着いて早々ですが、帰りのバスチケットを入手しておきます。
これで安心でゲスよー。ウヒヒ。



写真がないので、せめてこの切符売り場から撮った一枚を…!
向かいがバスターミナルです。


ここからホテルのある駅近くまで、バイタクで出ます。
ちなみにふつうのタクシーとかぜんぜんいなかったので、
ブリーラムでの移動手段はほとんどバイタクかトゥクトゥクみたいです。

なのでわたしもね、人生初バイタクに挑戦ー!

あのバイク天国のベトナムでは、案外歩くのが好きなのと、
思うさまぼったくられそうなのと、
あとはなにかとバスが便利なので乗ったことがなかったのですが、
ここブリーラムであたし、とうとうバイタクデビューしちゃう…的な…!


で、乗ったんですけどすっごいたのしかったです。バイタク。
異国の街をバイクで駆け抜けるとか最高ー!

でもねわたし、前髪がこう、絵と同じでぱっつんでしかも剛毛なんですけど、
バイタクで飛ばした時の風でね、すっごい上がっちゃってそのまま固まっちゃって、

なんつーか、


みたいな感じでした。

こ、これがほんとの…スネ夫ヘアーっつーの…?
着いた瞬間、人に見られる前に手ぐしで光の速さで直しました。
残像出るかっつーくらいの速さで。



ちなみにこのバイクで来たのです〜。
すっごいいかつい顔のおっちゃんが乗ってたのに、ちょうかわいいピンクでした。
駅までで、50バーツくらい。

で、わたしの予約したホテルは駅の向こう側だったので、
ひとまずチェックインしてからスタジアムに向かうことに。



これが鉄道ブリーラム駅。



駅の反対側に出るには、そのままホームをつっきってすすみます。


なぜか駅の反対側にはすっごい祠がぽつーんとある。。!
タイならではの金ぴかっぷりでした。
そして、なぜか、犬。


道の途中にあったレストラン。KLIM KITCHEN。
(金じゃKIMなのではないかしらという素朴な疑問…!)


ここが泊まったホテルです。
U-Jarern Serviced Apartment。
agodaで1000円しなかったですよよよ。

古い建物&設備だけど部屋は広いし、スタッフさんすごく感じよかったです。


で、ホテルに荷物おいて、
じゃースタジアム行くか―!っつって歩いてたら、

うだうだ喋ってるバイタクのおじちゃん集団がわたしをみるなり、
「アイモバッ?(←スタジアム名)」「フッボー?」「イープーン!(日本人)」
って連呼するので、
つーかもう連呼しながら超笑われたので、
(この日はサッカー見るために日本人がけっこういたのがなんか面白かったみたいです)

こりゃちょうどいいやーとそのおじちゃんたちに乗せてもらい
i-mobile stadiumに向かうことにしたのでしたー!
たしか150バーツくらい。

広くて車あんま走ってない道路をちょう飛ばします!
きもちいーーー!

ああバイタクたのしいね〜。
前髪はもれなくスネ夫だけどな!ウフフ!


で、15分くらい乗ったら、やっと今回の旅の目的地


ブリーラムのホームに着きましたーーい!!

おおおおおお…!
やっときたよー…!


⇒次は、試合の前のスタジアムであったあれこれ。とか試合とか。
続くですよ!

【はじめての!ACLたびにっき。】ホーチミンさいごの日のあれこれと、タイに着いたはなし。


(こんばんは〜。まだまだ長々書いちゃっておりますが、
このたびにっき、来週5/1のACLホーム・ブリーラム戦までに完結させるのを
いちおう個人目標としているので(ってもう来週だけど!)
よかったらいましばらくお付き合いくださいですよー!ウヘヘヘ!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⇒というわけで、2日めからのつづきです〜。






ホーチミン、そして居心地の良かったブルーリバーホテルとも
今日でお別れです。

スタッフみんな若くていい子でめっちゃしあわせだったので、
ちょっとおセンチメンタルー!


で、今日も朝ごはんを食べにいきました。

今日の『ハタメグミのお絵かきブルーリバーホテル』は、

 
レイくんです!


そうですレイくんですよ!貧相だけど!


最後に部屋を片づけていたところを一枚。
明かりも入ったし(外すぐ壁だけど)、なかなかいいお部屋でした〜。

この部屋でひとりでパントマイムしたりシャチホコしたり
寝落ちしたりしていました。

…思い出がよみがえるぜ…!



去り際のありがとうのメモとチップ。
英語が危ういです。

そして寝落ちしたせいで飲みきれなかったビールを贈ってみたのですが、
「ナニコレ…」みたいになってないことを祈ります!



そして出かけますよよよ!
10時半くらい。

そんなわたしの最後の日のスケジュールですが、
タイ行きの飛行機が21時発とかなので、16時半くらいにベンタインのバスターミナルから
空港行きのバス見つけて乗ればいいような感じでして、

なので、

「ホーチミンでおいしいと噂の、バインセオ46Aというバインセオ屋さんにいきたいの〜」

(誰にも求められていませんがブランチの姫様ふうに)

という夢をかなえてみることにしました!

バインセオというのはベトナム風お好み焼きのことです。ちょううまい。
そしてその「バインセオ46A」っつーのはここです!⇒BANH XEO 46A(ベトナムナビ)


ただ最初に言っておきたいんですけど、そのときのわたしね、
お店の手掛かりが、プリントアウトした地図しか持ってなかったんですよね。

でもまー行けばわかるでしょ的な、
そこに行けばもうなすがままにバインセオでしょ的な、
そんな軽い気持ちで向かってみることにしました!

しゅっぱーつ!



…それにしても、


今日も今日とてあっついわー!

日差しが強くてとろけるほどの晴天ですよ。。
不健康な体に染みるぜ…!


そのまま少しブイビエンうろうろしてたら、


おお、ベトナムにも
【世界の山ちゃん】があるのか〜。



…ってー!


(ロゴのイラスト部分がてきとうに隠されていたり、
メニュー覗いてもパッと見で手羽先が見当たらなかったりと、
どうもツッコミ待ちっぽい空気がするのでのでここはあえてスルーします!)


とかいってたらこっちにも


そっか、ディズニー運営のコインランドリーか〜。



…ってーー!


(もう、以下略。ぜんぶ略!)



…はっ、そうだ、
今日のわたしの目的はバインセオ46Aですよ!

山ちゃんやミッキーにつっこみを入れることではありません!

なので気を取り直して、歩きます。
すでに汗だくですが。


どこだか忘れたけどうろうろ…


公園の駐車場のとこに止めてあったバスがあまりに自由に使われてました。
運転手さんたちが服干してるっぽい。自由。


ベトナムではそこかしこに修理の露店がいっぱい。(sửa=修理)
これは鍵の修理屋さんでした。
それにしてもおばちゃん無防備にくつろぎすぎだ!うらやましい!


マネキンの徹底されたオレンジっぷりがまぶしいぜ…
その前にスキンヘッドっぷりのがまぶしいけども。女子なのに。。


で、いったんこのへんでわたしね、
あからさまに道に迷いまして

着かないなおかしいなーとかいいながら地図見たら、
どうやら目的地の真逆の方向に歩いてきてたっぽくて、

ば、バカー!炎天下を一時間も真逆に歩いてて気づかないとか…真のバカ自分ー!
迷う前に一回地図見ればいいじゃない!ほんとわたしバカー!

って、自分にすごい、か弱い声でつっこみを入れました。
暑いんでね。か細くね。


で、つっこみをいれてから、気を取り直して正しい方の道に向かいました。

おなじみのベンタインバスターミナルを越えて、
デパートとか高級ホテルのあるレロイ通りを越えて、
やっと正しい道のりの軌道に乗ってきましたよ〜。


途中にあった、


バイクカバーがカエルでカワユスでしたよー!

ん、

カエル…?



あからさまにけろっぴだー!
(FROGってプレーンなカエルそのものみたいに言い張ってるけど!)



工事現場だーよ!

写真じゃ伝わらないと思うんですけど、めっちゃグラグラしてたからこれ。
グラングランだから。ふつーにあぶない!けど誰も気にしてない!

…自由!



で、ここでね、またちょっと言いたいことがあるんですけど、

わたし、正しい道をとって、すでに一時間。
迷ったぶん足すとだいたい、二時間くらい炎天下を歩きっぱなんですよね。

で、地図に描いてある、「ここがバインセオ46Aじゃ!」っつー場所にね、
やっとのことでね、多分、着いたんだと思うんですけど、


店、全然見当たんないのね。



裏通り入っても、バインセオのバの字もないわけですよ。


で、またそこでうろうろうろうろ30分くらい歩いて、

へんな裏通りまで入って、いっそ人んち入りそうになっちゃうくらい探して、

むしろちょっと人んちの庭に入っちゃってた気もするけどとにかく探して、

あれーないなーとかって、ほんとがんばったんですけど、



結論:

たどりつけませんでしたー!




…ひいいいいいいいい。

(ほんといつもこんなだよどうなってんだよ…!
前にタイでも歩いてヤワラー(中華街)いくっつって意気揚々と歩きだしたのに、
結局迷いに迷ってケンタでスプライト飲んで帰ってきちゃったことあったけど、
まじ成長ゼロでした)




ううう…!
くやしいいいい…!


でもこうなったら仕方ないので、さっきのホテル近くのブイビエン通りに戻って、
露店のバインセオをたべることにしましたよっと!

キリカエ、キリカエってね☆
ネルもキリカエ大事って言ってたしね!
来た道1時間くらいかけて戻んないといけないけどね!
そこはキリカエでね!



ひとまず暑いので、水分とアイスを補給しました。


この明らかにメロンっぽいパッケージがあの、ダムセンでも食べた
緑豆あんこミルク味のアイスです!

(とてもおいしいのですが、どう考えてもこのパッケージはメロン…だよね…。)



ベトナム的ボディビル道場の看板。
上にムキムキなベトナミーズおじ様たちが・・・!


そんなこんな言いながら、なんとかブイビエンまで戻ってきましたとさ。
ここまで酷暑のなか3時間くらい歩きっぱだよ!


ブイビエンの屋台バインセオ屋さん。
すでにめっちゃいい匂い!


そこで無事にバインセオを買って、ビールもゲットして、
食べるとこなかったので持ってまた近くの公園にきました〜。


ウヒョヒョヒョ…


いただきまーーす!


…ウマアアーーー!!!!


(バインセオは、こうしてほのかにココナッツの香りのするパリパリのお好み焼きを、
野菜にくるんでヌクチャム(ナンプラーベースの万能調味料)をつけて食べるのです〜。
未挑戦の人はぜひたべてみてくださいな!鬼ウマなのです。)

ちなみに、おいしかったけど公園で食べると手がベットベトになって
超絶に始末が悪いので注意ですよ!



はー、いい天気だわさー。。
木陰で、風が気持ちいいです。

ほろよいホーチミンもあとちょっとか…
うう、センチだぜ…!


なんかこうしてるとたのしく酔っぱらってすべてがヘロヘロになりそうなので、
食べてから、すこし早めにバスターミナル付近に出ちゃうことに。


ドンあまってるからちょっと高級なカフェでお茶でもすっかなウヒャヒャー!

とかいいつつ歩きます。


ベトナムでももちろん日立様はご健在!


レロイ通りのちょっと高級っぽいカフェでマンゴースムージー、55000ドン。

いやはやリッチなお値段だねー!
どのくらいリッチかというと、333ビールの缶5本ぶんくらいリッチです。
(※わたしの価格基準はビールです)

でもおかげでゆっくり日記メモとか取れてよかったですだ〜。



バスターミナル来ましたよっと。
ちょっと夕日っぽい。でもまだあっついよ!しつこいけど夕方でもあっつい!

ちなみに空港行きのバスがなかなかこなくて、
ここでも30分くらいひたすらつったってたので、
ホント、この日だけで足が相当アレになりました。

…まだ旅半分なのに!



バスにて。

ああ、ばいばい…ホーチミンの街並みよ。。

今回も楽しかったよー!
また来るかんねー!


空港着きました。
着いた頃には超夕日。


で、飛行機まで時間をつぶしつつ、
(といってもタンソンニャットはそんなに大きい空港ではないので
時間をつぶすところがあまりなく、音楽聴きながらうろうろするくらいですが)
無事に、飛行機に乗りましたとさ。

今度こそほんとに、バイバイ、ベトナムー!
(あいしてるぜ…!)



…さて、いつまでもおセンチになっている場合ではありません。
今度向かうはタイです!

やっと今回の真の目的地入りです!
(長かったね!)


飛行機でうっだうだー。

2時間くらいしか乗らないのにずうずうしくビールをもらったのです。
タイ航空缶のビールがかわいいぜ!


ちなみにこのとき、わたしの席の周りがフランス人の年配のツアーの人たちで、
それはそれはもうぎっちりフランス人で埋め尽くされていて
わたしの席だけなぜか完全なるアウェイだったんですけど、

そのひとたちがね、まーよくしゃべるのね。

もー超ね、あたしこの日人生で一番フランス語きいた。
ベトナム発タイ行きの飛行機でずっとフランス語にまみれた。まみれすぎた!

どこ行くんだっけあたし?フランスだっけ?って気分に本気でなりました。

どうなってんだっ。。!







で、そんなボンジュールな気分のまま着いちゃいました、


タ・イ・ラ・ン・ドーーー!

の、スワンナプーム空港。
中もだけど外もほんとにSFっぽい空港ですよ…!


この日は飛行機が着いたのが23時くらいで、明日の朝も早いので、
もう仮眠的なニュアンスで、空港のそばのホテルに泊まることにしました。


すげー高速っつーか空港のそばです。
窓からパチリ。


部屋ぐっちゃぐちゃだ。。
正味5時間くらいしかいないのに散らかしましたよ!


部屋に置いてあったお菓子。
寿司味…じゃないです海苔味です。




⇒で、とうとう明日はブリーラムに移動するんだもんねー!
(意味もなくマルカトーレのシニョーリ風に)

…というわけでつづきます!

【はじめての!ACLたびにっき。】ダムセン公園から帰ってきたである。

⇒ダムセン公園からのつづきです〜。






ヘイヘイ!
濃厚ダムセンから、いつものエリアにもどってきましたよっと。

ベンタインバスターミナルからブイビエン方面に戻るのに、
すこし裏のほうの道をうろうろ。

 
電線が切れてるのが気になる…!
ベトナムでは気にしてもきりがないけど気になる!


そうそう、このとき15時くらいだったのですが、
そういえばダムセンではお昼食べてなかったなぁと思い出しまして、

(ちなみに食べなかったのは食べるところがないわけではなく、
アイスとか食べててなんか食べるタイミングを逃したからです…!
ダムセンの中には、ちゃんとご飯食べられるところがいっぱいあるので安心ですよん。)

という感じでまぁなんかおなかすいてきたので、お昼場所を探すことに。


そこで見つけたのが


ブン・ボー・フエの屋台!

ブン・ボー・フエとは、ベトナムの中部地方フエの麺料理で、
ちょっとだけ辛い牛肉のスープにブンというお米の麺の入った麺料理です。

どんなものかというと、


こんなものです!

後ろにあるもやしとか生野菜を浸したり、ライムを絞って食べます。
鬼ウマですまじで…!

ちなみにしつこいようですが外気温は32℃くらいなので、
あったかい麺料理って…とおもうかもしれませんが、
逆にこの少し辛いスープが食欲をそそるのですよウヘヘ〜。

たまに思い出してあばばばばば、ってなります。食べたくて。


ちなみにこれを食べている場所はすごい道端です。

どのくらい道端かというと、


このくらい道端です。

ベトナムに限らず、アジアの屋台ご飯はたいてい道端です。

特にベトナムでは、すっごい低いお風呂場の椅子みたいなのに座って、
これまた低いテーブルでそのへんの道端で食べます。

道端って言いすぎて道端ジェシカもびっくりかもしれませんが
とにかく道端です。






さて、おなかもいっぱいになってきたので、


また飲酒しにブイビエン通りに戻ってきましたよっと!
ウヒャヒャヒャー!

(飲みすぎとか以前にお腹いっぱいなのにビールってよくわかんないのですが、
もうなんか暑くて脳がアレしてきていると思ってください!)



ちなみにコレね、路面のほうを見ながら座って飲んでたんですけど、

店の前に停まって休憩してたバイタクのおじちゃんがね、

なんつーか、単にくつろぎすぎてのことだと思うんですけど、

ホント、なんかもう、


すごくね、




セクシーでした。


この背中に、ドキドキしたら負けだと思います。



そしてこの日も前日と同じく夜までうだうだして、
またも暗くなったあたりで、食料調達に。


関係ありませんが




(とんだ残念系でした)


そんなわたしのこの日の夜ご飯は


コム・タム(豚肉のせごはん)と、



まじでだいすっき!バインミーです!


炭水化物2種
という強力ラインナップですが、
明日の夜にはもうタイに行くので、ベトナムにいる間にベトナムめしを
ここぞとばかりに食べておかねばなるまい…!
ウヒヒヒ…!

そう、わたしは常に臨戦態勢なので腹が減るのである!

なぜなら、今回の旅は、ACL遠征だから…!

(関係ないことばっかしてても遠征だってことちゃんと忘れてないんですよ!ウフフ!)



さて、無事に食料ゲットしたものの、
いい気候なのでホテル戻るまえに公園ぶらぶら〜。


まーじ!ムーディー!

ホーチミンの夜の公園は昼間よりも涼しいため、
みんなが運動とかしにすっごい人数出てくるので、
エネルギッシュでだいすきです。


広場で子供たちがおいかけっこをしています。
小さい兄弟の、兄が弟に電気アンマをしています。

その近くでカップルがすげーイチャイチャしています。
バイクの上で彼氏が彼女の髪なでながら愛を語らっています。

その真横でパジャマ姿のおばちゃんたちが体操をしています。

それを見ながら、異邦人のイラストレーターが
本日何本目だっつービールを開けようとしています。


みんな、自分の世界。

ああ楽しいねー!



(ちなみにわたしが飲んだのはこれですよウヘヘヘヘ!)


今回はベトナムにたった2泊しかできなかったのですが、
明日はもうこの時間はいないんだなーとか考えてたら
なんとなくセンチメンタルに…


…なりそうだったんですけど、

そんなアンニュイ気分で思うさま自分に酔いたかったんですけど、


さっき兄に電気アンマされてた弟が近くでビービー泣き出しまして、

その兄弟げんかにお母さん(※変なTシャツ着用)がホント超怒っちゃいまして、

兄はオレ悪くないって感じでその辺をぎゃーぎゃー走り回り出したりしててですね、


なんかホント、全然雰囲気が出ませんでした。異邦人的に。







さて、公園堪能したので、ホテルに帰ってきましたよーっと!


本日の獲物たち。
スミノフが2本もあるだなんて…あたしなんて…セレブ…!

(※ベトナムビールはだいたい11000ドン(50円くらい)なのですが、
スミノフは26000ドン(120円くらい?)だった気がするので、ちょっとリッチなのです。
つーかなんつーか安上がりなセレブだねっと!)


というわけで、


今日も夜ごはんいただきますー!

あははははうまかったですーー。
なんでこんなにベトナムごはんはおいしいんでしょうねあはははは!

あははははは…!


(そして案の定、この日もほろ酔いからの安定感すらある寝落ちで、
ホーチミン最後の夜は更けていったのでした…。)



⇒明日はラストホーチミンでバインセオを食べに行こうとした話と、
タイ入りの話ですよっと!(やっと半分ですたぶん!つづく!)

【はじめての!ACLたびにっき。】ダムセン公園に行くである。その(2)。

⇒(1)からの続きです。

〜ここで、ちょっと一息☆〜

なんか変なオブジェの話ばっかでアレだと思うので、
ここでちょっとティー的なものをブレイクしていただく感じで、
ひとつアトラクションに乗った話をしようかな、ってー!

というわけで、前回のスイティエンで果たせなかった夢をね、
今回は果たそうと思いまして。

それは何かというと、


かんらんしゃにのることです!

わたし、観覧車からホーチミンを見渡すのが憧れだったのですよ〜。
なんという小さな夢!

というわけで、さっそくレッツゴー!


(えっと、ここからは思いつきで稲川淳二でお送りしますので
脳内変換してお楽しみください。)

ベトナムのね、ホーチミン。今回の舞台はね、そこなんですよね。

アタシが聞いたこの話ね、うーん、していーいのかなー、
まぁしちゃいますけどね、今回そこに行った人、まぁ仮にHさんとしましょうか、
その人に本当に起こったことなんですよねェ…。

Hさん、その日、ふっ…と思い立ってね、
あー、観覧車乗りたいなー、なんて思い立っちゃったんですよね。
なーんか急にね、人間ってそういう日ありますよねェ。


で、乗ることにしたわけです。観覧車。


これがその、入口です


チケットですよ


でもねHさん、なぁーんにも考えないで乗ったものだから、
最初になにか音がした時は、
おかしいなー、なんか音がするなー?
なんてね、そのくらいに思ってたんですよ。


ギーッ、ギーッ、ギーッ…
ギーッ、ギーッ、ギーッ…


でもね、あまりにずっと聞こえるものだから、
Hさん、だんだん空耳じゃないなーってね、気づいた。

なんとその音はね、


観覧車がね、古くてきしむ音だったんですよ…!


しかもね、その観覧車、自分が乗った方にね、傾いてるんですよ…!


ギャアアアアアアアアーー…!



声にならない悲鳴をね、あげましたよ。さすがに。
Hさん。

しかもそのままふと床をみたら、
なんとね、


足元の穴から下界の光が漏れてくるんですよ…!

高いところに行く乗り物なのに、もし高所恐怖症の人だったらね、
こりゃー怖くてひとたまりもないぞーってね、Hさんガタガタしちゃって。

まァHさんは、全然高所恐怖症じゃないんですけどね。


で、今度は慌てて柵の外をみたら、


いつーの間にか、地上からこーーんなに離れた高いところまで来ちゃってて、
Hさん、もう、ここまで来たらさすがに声もでなくて、
ゾクゥウウ〜〜ッとしちゃって…


それでもね、どーんどん、どーーんどん観覧車は上がって行っちゃってるわけ。

彼女、ふっと頭を上げて顔を横に向けたの。
上げちゃいけないなー、横見ちゃいけないなー、って予感してたんだけどね、
とうとう、上げちゃったわけだ。

で、なんと…
そこから見えたのは…





最高の景色だったんですよォ…!



涼しい風がね、スゥーーッ…とね、入ってきちゃってるわけ。
優しく頬を撫でて行っちゃうわけ。

ホーチミンの景色とね、蓮の池が下の方に見えてね、

あー、これ、って、もう声も出ないけど、Hさん、気づいちゃったのね。

これ、


楽園だ…って。



(稲川淳二にまったく意味はありませんでした)

ほんと長々ふざけてすいません普通の観覧車です!
普通に楽しかったんです観覧車ー!

ギーギー音はしますし一人だとあからさまに乗ってる方に傾きますし、
床の穴から光もガッツリ漏れてますけど、
当たり前ですが怖くはないしたぶん安全です
おじちゃんが乗せてくれます。

風が気持ちいいしホーチミンの街と蓮の池を見下ろすのが
いい感じなので、ダムセン行かれる方は絶対乗ってみてくれよな!

(でもたぶん、平日行くと乗ってるの自分だけだと思うけど
そこは乗り越える感じで!)



で、降りてからアイスを食べました。

パッケージも鮮烈な黄緑だしこんな色でメロン味かと思うけど、
緑豆あんこミルク味でした。
ざ、斬新やでぇ…!
(でも激ウマなのでおすすめですよー)


そして、近くの売店で園のマスコットであるダムセンくん(仮名)の
キーホルダーを買いました。


ああ可愛いね!首!


ちなみにダムセンくんというのは、


↑こいつです。
そこかしこにオブジェがある。


ああほんとなんか可愛い

ちなみにそんなダムセンくんのマスコットを買った売店ですが、
ぬいぐるみ型ペンケースの売り方がひどかったです。


…ひいいいいい!

どうしてこういうところが妙に器用なんだ…!



■へんなものダイジェストふたたび。

さて、へんなものの続きです。

相変わらずひたすら歩いていたのですが、
その途中で、園内を走る乗り物みたいなのを見つけたんですけど、

それが、



………………



…こえええええええええええ…!!!

(どうしてこうしちゃったのねえどうして…!)



サイドに描いてあるお姫様ももういろんな意味で限界でした。


さらにね、個人的なラスボスがいまして、
歩いてたら何の前振りもなく見えてきたんですけど、


ん……?


これは…


リアルな虫だコレーー!



無駄にでけえええええええぇぇ



チラ見えしててこええええええええぇぇぇ


顔が異常にリアルウウウゥゥ


…もうね、これはなんなのかと。

子供向けの公園にこのクオリティがいるのかどうかを、
偉い人に小一時間問いただしたいっつーの。

夜とかまじこえぇっつーの…!

でもよく考えたらダムセンくんも虫なので、
もしかしたらいろいろ虫にこだわりがあるのかもしれない…ここ…!


だってコースターも


まさかのイモムシモチーフ



可愛いんだかなんなんだかもう ええいわたしに笑いかけるんじゃない!



草むらにもさりげなくいる虫…!


いやーもう、一生分くらい虫のオブジェ見た気がする。

虫に関しては、ダムセン最強でした。








〜おまけ。〜


ここまで書いていてアレですが、
わたしが行ったのはダムセン公園じゃなかったのかもしれない。


そう、


あの夢と魔法の世界だったのかもしれない…!

(コースターの近くに無造作に置いてありましたどうなってんのこれ)


やっぱり権利系はとても適当でした。

でも


ドナルドのそこは髪の毛じゃないから、
どうか黒く塗らないであげてください…!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

…というわけで、ダムセンとてもゆるくて楽しかったですー!
ぜひぜひホーチミンに行く際には、行ってみてくださいな〜。

…たくさんの虫がみんなを待ってるヨ!
(そこ)


⇒ひいぃ、ダムセン出てからのことがちょっとだけ残ってるので、
後編に続く…!(長くてすいませんまじで)

【はじめての!ACLたびにっき。】ダムセン公園に行くである。その(1)。

 ⇒1日目はこちら。

というわけで、2日目ですよー!
さわやかな朝だぜ…!

『BlueRiverHotel』の朝ごはんは目玉焼きがおいしい!と聞いたので、
はりきって朝食に行きました。
ホテルのおばちゃんが焼いてくれます。ウホホイ。


その日は目玉焼きではなく平たい卵焼きが出てきたので、

『これは…何か描けということなの…!』

というわけでそばにあったチリソースで


描いてみました。ヴィトーリアー!

(この不鮮明な画像がちゃんとレイソルのエンブレムに見えた人は
すごく心が綺麗だと思いますよ)





そんなこんなでうだうだうしていたので、10時半ごろホテルを出て、
今日も元気にバスに乗ります。
始動が遅いので外がすでに暑いです。ウヒョイ!


行く途中の道にまた鳥カゴが…
(鳥好きどうのこうのについての話は昔のたびにっきでどうぞー)


で、まぁ行く前に今日の目的地の前振りをしたいんですけど、
今日わたしが行くのはこんなところですよ。

ダムセン公園!


引用元:damsenpark.com.vn

ベトナムの庶民派な遊園地(というか遊園地着きの公園)であります!

わたしは以前、スイティエン公園という、そういうのが好きな人には超有名な
アレなテーマパークに行ったのですが、(スイティエンの話はこちら。)
いやーもー、カオスだなんだって、まーほんと。すげぇの。スイティエン。

もうね、あまりに面白くて大好きになってしまったので、
思い余って飼ってるモルモットにスイティエンってつけちゃったくらいですもの。
(ちなみにスーさんは今日も元気に牧草ばっか食べてますよウヘヘ)

で、ダムセンはそのスイティエンよりはだいぶ普通の遊園地寄りだと見受けられるものの、
絶対これは何かあるぞ、と、わたしのセンサーが反応してやがる…!

というわけで、自分のへんな名所を見ておきたい血がイェイイェイウォウウォウと
騒いだので、行ってきましたー。



今回ベンタインのターミナルから乗ったのは11番バスです。
30分くらい乗ると着く様子ですよ〜。


恒例のチケットとおつり。



車窓から。
信号変わってバイクがウギャー!って流れてくるのが大好きですよ…!



バイクに埋もれているのでバイク屋かと思ったらKFCでした。
(いやもうあきらかにとめすぎ)



ベトナム人のみなさんの絶対に日焼けはしないぜ…という心意気はすてきですが、
外は32℃くらいなのになぜこの格好で倒れないのでしょう…!


…とかぼんやり考えながら乗ってたら、バスが目的地に着きました!
ヒャホウ!

ちなみに



(そして運ちゃんが乗ってきた途端に、ナンプラーと炭火焼鳥のかぐわしい香りに
包まれすぎた車内でしたとさー!)


というわけで着いたよ!ダムセンの入り口ー。


ふしぎな雰囲気。



チケット売り場。



入場チケットはこんなです。かわいい。
60000ドン(280円くらい)。


で、いきなりすごいものにお出迎えされるのかと思いきや


普通に…なにこれ…

すごいリゾーティ…!


この暑いホーチミンで、植物と日陰があり涼しい風が通り、
クラクションの代わりに陽気な音楽が聞こえてくる…

楽園のようですよ…


楽園…?

というわけで、


楽園でよく飲まれる飲み物をゲットしました。
ウヒョヒョイ!かんぱい!

でもなんか若い中高生くらいのグループデートの子たちが多くて、
異邦人は後ろめたさから、ちょっとだけ木陰で飲みました。


ちなみにダムセン公園自体は、

こんなプール(ウォータースライダー)があったり

入ってないのでかわいそうな写真しかない…!
(でも中からお子たちのはしゃぎ声が聞こえます。楽しそう。)


日本の昔ながらの遊園地でも見受けられるような
昭和なアトラクションがあったりで、


メリーゴーラウンドがなかなか昭和レトロ



ゾウさんもいるよー



園内地図はこんなかんじ


子供連れの人たちはそれなりにいろいろ楽しめそうな遊園地です。
遊園地というか、緑の多い公園なので遠足気分でお弁当とかもって行くと
楽しいかもですよ〜。
家族旅行の際にはぜひにー!

…とかね、ほろ酔いのまま至極まともな気持ちで進んでいったのですが、
端々にね、わたしをまともでいさせてくれないものが設置されていたりしたので、
ここからはダイジェストで行きます!


■そこかしこにある子供向けのオブジェがおかしい

もうね、遊具とか子供向けのオブジェって、そこで遊ぶ子供たちや
その親御さんを受け入れて癒してなんぼだと思うのですが、
ダムセンのあいつらにはね、そういう気が一切ないから。

何気なく置いてあるオブジェたちの違和感がハンパないんですよ…!


.▲侫螢寄りの動物たちの表情が強気


木の陰にいきなりいる怖いサイ



壮大に人を見下しているときの顔の恐竜



ヒィイイイィィカバがこえええええええええ



だから、何で目の周りが黒いんだっ…!


眉毛への異常な執着


一部、ダルメシアンコーナーがあるのですが(それもいまいちよくわからないですが)、
そこの犬たちが


眉毛犬だらけでした。

んで、もう眉毛!なんで眉毛!とか言ってたら、
眉毛じゃすまないのが混じっていたので、そいつだけは載せておこうと思います。


(犬の鼻の色の正しい塗り方を誰か教えてあげてください!)


2燭言いたいのかわからない


……………。

ベンチでもなく、遊べる感じでもなく、
ただ大人数で引っ張り合う人のオブジェですよ?

もうわたし…どうしたらいいの…?


ぢがたぶんすごい長い

一見違和感なく見流してしまいそうですが、



この猫の足、伸ばすとこのくらいだなってふと思いました。



イ箸蠅△┐困笋蠅垢


ホラーの館、みたいなのがダムセンにはあるのですが
(たぶん日本の遊園地にあるお化け屋敷的なアトラクションだと思われる)


これね、ちょっと遠くから歩いてても、ずーっとね、悪魔の高笑いが
スピーカーから大音量で聞こえてくるんですよ。


『フハハハハハ…

『ファ〜ッハッハッハッ…

『ウワッハハハハハ…

…………


もうね、この快晴の炎天下でね、悪魔の高笑いとか聞こえてもね、
全然怖くないんですよ。

こういうものを盛り上げるのに必要な不気味さがね、
この東南アジアの気候にはゼロなんですよ!

しかもあまりに大声で高笑ってて、悪魔若干うるさいんですよー…!


…とか言いながら、ちょっと油断して近づいてみたら



ぎゃああああああああ!!!!!


怖さが足りないとか言ってすいませんすごい怖いです!
怖すぎる!!

もうほんと、油断ならねぇー!
ほんと、生々しい意味で恐怖体験でした…。


⇒ウヘヘ!その2につづーく。

【はじめての!ACLたびにっき。】チョロンとビンタイ市場とわたし。

 ⇒ここからの続きなのです。


そう、この日のホーチミンはたぶん天気予報的な感じだと
余裕の30℃越え。
しかもピッカピカに晴れているので、日がほとんど陰りません。
天気を顔で例えるとね、確実にドヤ顔。

というわけで、あまりの暑さに、ビンタイ市場に逃げ込んでみたよー!

(…と、こんな風に言っていますが、ついでに行くようなとこではなくて
ビンタイ市場はちゃんとした観光ができるスポットです。
このへんにとても詳しく。⇒ベトナムナビ:ビンタイ市場)



外観はこんな感じ。



中に入るとこんなです。
エスカレーターは動いてません。
(というかなぜか止まってるエスカレーターの段のとこに山のような消化器が置いてあったんだ…!
稼働無理…!)


ちなみにここにくるまでに、そんな感じでとても消耗していたわたしなので、
この密度が高く広い市場を全部ね、回るのとかはね、無理。

しかも旅の初日だというのに、はしゃいで調子に乗って買い物なんかしたら
わたしその荷物を1人で持って3日後にはタイの田舎までいかなければならないのですよ!
無理!

というわけでただうろうろしてただけなので、
気の利いた写真がぜんぜんないです。
すいません。。


そう、


言えるのは広いということだけなんだ…!



ちなみに、うろうろしてたら本屋さんらしきお店があったのですが


この陳列の仕方はもう本屋というよりわたしの今の部屋だ!
(片付けてください)



王家の紋章はベトナムにもあるのね…


個人的には、服屋で見つけたこの服が
熱かったです。



・・・・・・・・。



ちなみにこのデザインでサイズは大人もの…!

この発想は服のデザインに何年も取り組んだとしても、
絶対にでてこない自信があります。

(そのくらい色も形も全てが熱いぜ…!)
(やはりこれは…買うべきだったのか…?!)


(日本でこれを着る勇気がありません)


そしてこれは外のお店ですが


陳列が貪欲すぎてもはや何屋なのかわかりませんでした。


鳥かご屋さんはいつも大人気☆


男子しかいないけど!


そんなこんなで、 ひととおりうろうろして楽しかったですチョロンー!

気付けば15時くらいで、お腹が空いたのとあまりに汗だくすぎて死にそうだったので、
ご飯を買っていったんホテルに戻ることに。


帰りのバスからのバイクの波こんもり。


みんなヘルメットがかわいいぜ…!


そして食料調達して帰ってきました。


なぜか袋には黄色いあいつが…!

いや、そんなことより今回の旅初・バインミーですよー!
(と本日2本めのビール)



…ウマーーーー!

もうわたし3食これでもいい…!
(食べかけでごめんなさい。ウフフ)


そんなこと言って飲み食いしてたら、案の定ビールが効いて安らかに昼寝をしてしまい、
起きたらすっかり夜でした。。

というわけで、のそのそと食料調達にだけ行くことに。

わたしはひとりたびだと、気軽に夜に屋台テイクアウトして、
そのままホテルめしするのが好きなのですよー。

美味しい屋台ごはんをつまみに、部屋で現地のテレビとか見ながら
思うまま酔っぱらってそのまま寝るのが何よりしあわせなんだよ…!
(ダメ人間でした)




夜のブイビエンにゴー!

ちなみにブイビエンのあたりは、他のアジア諸国のバックパッカー街と同じで
欧米系のバックパッカーがすごく多いのですが、
夜になるとそんな彼らが欧米人向けのお店から溢れんばかりです。
瓶ビール片手にみんな目とテンションがギラギラです。

海の向こう的なリア充の香りがすごい…!
(昼のブイビエンでは全員ありえないくらい無気力なのに…なぜなの…?)


わたしはというとその雰囲気が非常に苦手なので、
もうさっさとめし買って部屋に戻るぜ!

ひきこもりたいんだよ!
ネクラで悪いか!バーロー!
(誰に言っているのでしょう)


というわけでご飯は、前にきた時も買って激ウマだった屋台に決めました。


今回はコム・ガーをチョイス!

大きな鶏肉をその場であげて、ガーリックとお米を炒めたのの上に
野菜といっしょに盛ってくれます。



こんな感じ。



チリソースをかけて食べます!

美味しすぎてああもう胸が苦しい!
神様あそこにあの屋台を作ってくれてありがとう!


ちなみにお酒の収穫はこのくらいでした。
(※一晩ぶん)


買いすぎ


そして部屋でいい感じに酔っぱらってきたので、ドンを数えてニヤニヤ。
非常にいやらしさがにじみ出ていますね。


ウヒャヒャヒャ!ドン長者じゃ!
お前はどこのワカメじゃー!
(でも桁は大きいですが日本円にすると3500円くらいですよ…)


そしてこの変なテンションで、
ひとりケイトブッシュの嵐が丘ごっこ(ひたすらパントマイム)をしたり、
シャチホコのポーズをベッドの上で限界まで試してみたり、
ベトナムのテレビに酔っぱらいとしか思えないつっこみをいれたり、
ベトナムリーグの試合の放送を見たりしながら飲んでいたら、


案の定、寝落ちしました。




こ、この試合を見てたところまでしか記憶がないぜ…!
(ちなみにシビアな試合でした。スコアレス。。)


こうして、一日めの夜はふけていったのでした…。


というわけでつぎは変なテーマパークに行こうと思うよ!
(今回はスイティエンじゃないよ!)
続く。



かいてるひと

プロフィール
イラストレーターのハタメグミです。よっぱらいです。
今日もまったり生きてます。

おしごとのこと

イラストかいたりまんがかいたりあれこれやってます。
■お仕事・ご連絡などはこちらから。
hatame301☆gmail.com
(☆を@に変えてくださいませ)
----------------------------
■がっつり更新滞り気味ですがリンクはフリーです。
ご自由にどうぞ!

さいきんのにっき

カテゴリー

いままでのにっき

あれこれ

▼ひとまずついったー。

コメント

  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    えむれ
  • 更新滞ってたのでおひさしぶりなのでおしらせとか!
    イッサ
  • 更新滞ってたのでおひさしぶりなのでおしらせとか!
    イッサ
  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    がんず
  • 全ての被災された方へ。いちサッカー好きより。
    おきの
  • 全ての被災された方へ。いちサッカー好きより。
    かげろう
  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    たけ@ vega
  • こころをひとつに。ちからをひとつに。
    みっちぃ
  • この震災、絵ができることがもしもあるならば。
    とと
  • 更新滞ってたのでおひさしぶりなのでおしらせとか!
    まどろみ友子

管理あれこれ。